シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザー×介護職!子育てと両立しやすいって本当?収入は?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年。シングルで双子男子を育て中!双子の兄は脳性マヒで車椅子。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

226112 main

一家の大黒柱シングルマザー。子どものイベントや病気にも対応しながら生活費を確保しなければならないので、仕事と子育ての両立に悩んでいる方が多いと思います。

今回は、多くのシングルマザーが働いている介護業界にフォーカスし、介護職で働く理由を探ってみたいと思います。皆さんの仕事選びの参考にしてくださいね。

介護の仕事とは?

介護の仕事は多岐にわたりますが、主に利用者の生活全般で、サポートが必要な部分を介助します。

具体的には、

  • 食事介助
  • 着脱介助
  • 入浴介助
  • トイレ介助
  • 買い物、調理、掃除、洗濯、ゴミ捨てなど家事全般
  • 移動支援(通院や通学など)
  • レクリエーションのサポート
  • 介護計画の作成
  • 本人や家族の相談対応

などになり、子育て経験のあるシングルマザーは、その経験が活かせる内容となっています。

介護職のメリットとは?

シングルマザーの職業として現実的かどうかに重点を置いて検証していきましょう。

安定した求人

全国では、367,292の事業所が介護サービスを行っており、多くの求人が出ています。
この事業所数は、なんとコンビニの約3倍になります!

1 訪問介護 34,823
2 訪問入浴介護 2,190
3 訪問看護ステーション 8,745
4 通所介護 4,3406
5 通所リハビリテーション 7,515
6 短期入所生活介護 10,727
7 短期入所療養介護 5,348
8 特定施設入居者生活介護 4,679
9 福祉用具貸与 8,056
10 特定福祉用具販売 8,135
11 居宅介護支援 40,127
12 介護予防訪問介護 33,977
13 介護予防訪問入浴介護 2,032
14 介護予防訪問看護ステーション 8,591
15 介護予防通所介護 41,181
16 介護予防通所リハビリテーション 7,422
17 介護予防短期入所生活介護 10,245
18 介護予防短期入所療養介護 5,189
19 介護予防特定施設入居者生活介護 4,364
20 介護予防福祉用具貸与 7,959
21 特定介護予防福祉用具販売 8,095
22 介護予防支援 4,726
23 地域密着型介護老人福祉施設 1,901
24 定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所 616
25 夜間対応型訪問介護事業所 224
26 認知症対応型通所介護事業所 4,308
27 小規模多機能型居宅介護事業所 4,969
28 認知症対応型共同生活介護事業所 12,983
29 地域密着型特定施設入居者生活介護事業所 301
30 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)事業所 250
31 介護予防認知症対応型通所介護 3,960
32 介護予防小規模多機能型居宅介護 4,438
33 介護予防認知症対応型共同生活介護 12,647
34 介護老人福祉施設 7,551
35 介護老人保健施設 4,189
36 介護療養型医療施設 14,23
施設の合計 367,292

出典:e-start 政府統計の総合窓口「介護サービス施設・事業所調査 」より筆者が作成

また、2025年に向けた厚生労働省の需要推計によると、37.7万人も介護人材が不足になると予測されています。

介護人材の見込み(2025年度) 253.0万人
現状維持シナリオによる介護人材の見込み(2025年度) 215.2万人
需要ギャップ 37.7万人

出典:厚生労働省「2025年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について

勤務時間を選択できる

色々なシフト体制があるので、お子さんの成長に合わせて勤務時間を選択できます。
施設内に託児所を併設するなど、子育てしやすい環境を整えている施設も徐々に増えています。

施設のタイプごとに、もう少し詳しくみてみましょう。

入所型
老人ホームなど、施設に生活の拠点を置いている入居者のサポートをします。施設自体は24時間体制ですが、「夜勤なし」「時短」など要望を取り入れてシストを組んでくれる施設もあります。

通所型
デイサービスなど、契約者が通ってきて、そこで過ごす時間の世話や送迎などを行います。高齢者が主ですが、障がい児の放課後デイサービスは、小〜高校生までを預かります。勤務時間は、基本的に平日日中になります。

訪問型
契約者の個人宅を指定の時間に訪問し、食事、入浴、家事全般など必要なサポートを行います。自分の時間に合わせて仕事のスケジュールを組むことも可能です。

なお、厚生労働省の資料によると、介護職の1週間の実働日数は平均4.9日となっており、週休2〜3日で働いている人が多いことがわかります。

出典:厚生労働省 平成27年度 介護労働実態調査「介護労働者の就業実態と就業意識調査」

通いやすい事業所を選べる

事業所数が多いということもあり、通いやすい職場を選びやすくなっています。
自宅近所や子どもの学校の近くなど、生活するのに都合のよい場所で働けるということは、通勤時間の短縮になるとともに急な子どもの病気などにも対応しやすくなるので、忙しいシンママにとっては見逃せない点ですね。

子どもの急な呼び出しに対応できる

他に変わりのいないシングルマザーとって、子どもの行事や病気にいかに対応できるかは仕事選びの大きなポイントになります。
介護職はシングルマザーや30〜50代の子どもを持つ女性の多い職業です。「子どもの用事はお互い様」という雰囲気があり、急な呼び出しでもフォローしてもらえることも多いようです。
ただ、事業所の人員やシステムにもよるので、就職する時に正直に家庭の事情は説明しておきましょう。

未経験からスタートできる!

「未経験OK」の募集が多数あります。将来にわたり人手不足が予測されている職種なので、未経験から人材を育てる傾向にあります。

多様なキャリアステップ 資格取得で収入アップも

「介護職員初任者研修(旧:ヘルパー2級)」の資格を取った後も、働きながら介護福祉士やケアマネージャーなど次のステップを目指すことができます。

資格を取ると、役職が上がる、資格手当が付くなど給料アップも期待できます。実際に働いてみて、興味ある仕事ができたら、迷わず資格取得に向けて勉強しましょう。

資格取得支援をしている事業所もあります。費用面や時間面で考慮してもらえるので、キャリアアップを考えている場合は、施設を選ぶ時のチェックポイントにしましょう。

なお、厚生労働省調べの月収表で確認すると、保有資格が介護職員初任者研修の月収平均161,600円に対し、社会福祉士は221,800円、ケアマネージャーは224,900円と、数万円もの違いになります。

出典:厚生労働省 平成27年度 介護労働実態調査「介護労働者の就業実態と就業意識調査」

介護職のやりがいとは?

介護職には3Kのイメージがある人も多いと思います。確かに、体力は必要ですし、精神的にキツい時もあるでしょう。

けれども、サポートを必要とする方々のお世話をし「ありがとう」と笑顔で言ってもらった時、心から嬉しいと思うようです。
人と接する仕事なのでツライと感じる時もあるようですが、反面、他の仕事では決して味わえない喜びがあります。

また、介護をする相手は高齢者ばかりではなく、身体障がい者である成人や子どもたちもいます。
筆者は小学生の息子が脳性マヒのため、放課後デイサービスや居宅介護でお世話になっていますが、「子どもたちの成長を見るのが本当に楽しみだ」と言われます。

何よりも、介護でお世話をしているようで、自分自身が成長できるとも言います。

命を預かる仕事、人の人生に深く関わる仕事です。将来自分の親に介護が必要になった時にも役に立ちますし、何よりも日本という国にとって、なくてはならない職業なのです。



ママモワでは希望条件に合わせたお仕事を専任のコンサルタントが無料でご紹介しています。
介護職に興味をもった方は、お気軽にご登録ください。もちろん、初心者の方も歓迎しています。




[出典元WEBサイト]
2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12004000-Shakaiengokyoku-Shakai-Fukushikibanka/270624houdou.pdf2.pdf

e-start 政府統計の総合窓口「介護サービス施設・事業所調査 」
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?
toGL08020103&listID=000001158228&disp=Other&requestSender=estat

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020102.do?
toGL08020102&tclassID=000001075959&cycleCode=7&requestSender=estat

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020102.do?
toGL08020102&tclassID=000001075958&cycleCode=7&requestSender=estat

平成27年度 介護労働実態調査「介護労働者の就業実態と就業意識調査」
http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/h27chousaroudousha
toukeihyou.pdf