シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

離婚前後に子どもに対して気をつけたい4つのこと

ライター 飯野馨巳(なおみ)

夫婦問題専門カウンセラー歴11年。4年以上悩み、子どもが3歳で離婚→好条件で円満離婚をし養育費をもらい続けている。離婚後子どもが黒い絵を描くように。この全ての経験を活かし、相談者の気持ちがわかるカウンセラーとして活動中。

Photo iino naomi

226125 main512

離婚をする際、特に小さい子どもに対して、親が離婚をすることを伝えるべきか、伝えるとしたらどこまで話べきか悩むと思います。
ここでは、離婚前後の子どもに対しての対応、そして、子どもの気持ちについて考えていきましょう。

1. 離婚することは子どもにも話そう

「子どもに離婚の話をした方がよいですか?」という質問をよく受けますが、私は「話が理解できる年齢であれば、伝えた方がよいですよ」と回答しています。

親の離婚は、子どもにとっても生活スタイルが変わるのでとても大きな問題です。
また、親が自分に離婚のことをきちんと話してくれなかったことに不満を持っている子どもも少なくありません。

私は子どもが3歳の時に離婚をしましたが、その経験からも子どもと話し合いをする重要性を強く感じました。
「パパとママはもう仲良しではないから一緒に住めなくなってしまった」と伝えると、3歳だった子どもは「パパとママは仲良しでなくてもいいから一緒にいて欲しい」と泣きながら言いました。3歳の子どもにも意思があるんですよね。

私が「伝えた方がよいのでは」と考えるのは、子どもが離婚にNOと言ったから諦めるということではなく、親が子どもの気持ちと向き合うその時間が大切だと思っているからです。

小学生になった時、子どもは私に「きちんと話をしてくれてありがとう」と言いました。
「離婚の時、もしママが話をしてくれなかったら、ママのことを嫌いになっていたかもしれない」とも続きました。

離婚後、子どもにとっても新しい生活がスタートします。
納得しないまでも理解はしていないと、子どもも気持の切り替え方が分からなくなってしまいます。

ただ、さまざまな事情で事前に子どもに伝えることができない方もいると思います。その場合は、事後でもよいので、どこかで子どもにきちんと話をすることをお勧めします。

2. 離婚理由を伝える時は子どもの性格を考慮して

特に浮気や借金問題で離婚をすることになったケースでは、その事情を子どもにどこまで伝えるべきか悩むと思います。
その場合は、子どもの年齢にもよりますが、まずは、子どもがそれを聞いてどう感じるのかを考えてみてくださいね。

包み隠さず伝えた方が気持ちの整理ができる子がいます。逆に、知ってしまったことで、傷ついて混乱してしまうタイプの子もいます。
小さい子どもにはあえて伝える必要はないと思いますが、ある程度大きい子どもの場合は、性格を考慮して説明することが大切になります。
なお、時間が経ってから伝えるという選択肢もあります。判断がつかない場合は、まずは必要なことだけを伝える、ということでもよいのかもしれません。

離婚が子どもに与える影響の伝え方は?

次に重要になるのが、学校、引っ越し、苗字など、親が離婚したことで子どもにどのような影響があるのかを伝えることです。

親の意見を押し付けることなく、できるだけ子どもの意見を聞いて、親としてどう配慮して、どんなことができるのかを交えながら話し合いをしましょう。
子どもの年齢に関係なく一人の人間として誠実に対応することは、親子の信頼関係をより深めることにも繋がります。

3. 離婚後に子どもに接する時に注意したいこと

夫の悪口

離婚をするに至った理由があるので、離婚をした後も、夫への不満をついつい口にしてしまうことがあると思います。

ただ、あなたにとっては別れた夫ですが、子どもにとっては父親ですよね。

子どもが父親に対してあまり良い感情を持っていないとしても、それでも悪口は聞きたくない、という子どもも少なくありません。

子どもの心の成長を考えても、親の悪口を耳にしながら大きくなるのは好ましい環境ではありませんよね。子どもの前では気をつけるように心がけましょう。

子どもとの会話

シングルマザーになると、仕事、子育て、家事と忙しい毎日が続きます。
そうすると、子どもがママに話しかけているのに、何かをしながら聞いてしまう「しながら族」になってしまいがちです。

その状態が続き、子どもがママに学校でのことや相談などをしなくなってしまった! なんてことになってしまうかもしれません。

忙しくても食事の時には子どもの話をきちんとに聞くなど、子どもが話をしやすい環境を意識的に作るようにしましょう。

元夫との面会

「元夫と子どもを合わせたくない」とか、「子どもを合わせるのに元夫と連絡を取りたくない」と思っている人は少なくありません。事情があって離婚をしたので、そう思うのは仕方がないことだと思います。

ですが、子どもの気持ちはどうでしょうか?
子どもが「パパに会いたくない」と言っていても、「その気持ち、子どもの本音なのかな?」と感じる時があります。

子どもはママの気持ちをキャッチする天才です。
ママが快く思っていないと感じて、「パパに会いたくない」と言っている可能性もあります。子どもの本音を知るのは、本当に難しい時があるんですよね。

もし、パパに会いたいと思っているとしたら……。我慢をさせてしまうのは、心の成長にもマイナスの影響を与えてしまうかもしれません。
子どもが少しでも素直な気持ちで「YES、NO」を言えるように配慮してあげてくださいね。

4.子どもの発する信号を見逃さないで

離婚後、何かと自分でしなくてはと考えるようになり自立心が強くなる子どもがいます。
また、ママが一人で頑張っている姿を見て、子どもも何か手伝わなくては、と親子が助け合い連帯感が強くなる家族もあります。

その一方で、親の離婚は自分のせいではないか? と責めて情緒不安定になったり、自尊心が低い子どもになってしまうこともあります。
ただこの場合も、その多くが時間が経つにつれて徐々に適用し現実を受け入れるようになるので、過剰に神経質になる必要はないですからね。

どちらにしても、ママがしっかり子どもの様子に目を向け、子どもの発する信号をいち早くキャッチして対応していけば、ママを助けてくれる応援団になってくれるでしょう。

まとめ

ママがいつも笑顔で、幸せに子どもと生活をしていれば、「親の離婚」は、子どもを成長させる機会にもなります。
ママの意識しだいで、「親の離婚」もネガティブなものにはならないということですよね。ママと子どもでハッピー生活をしましょうね!