シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

確定拠出年金どうする?母子家庭が加入するメリットとデメリット

ライター 加藤葉子

女性とシングルマザーのお金の専門家として、全国の女性よりお金の相談を受けているファイナンシャルプランナー。行政主催のマネー講座や女性ファイナンシャルプランナーの養成などでも活動中。シングルマザーで一児の母。

Photo yoko kato

No18 170307 s

2017年1月に個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の加入対象が大幅に拡大され、加入しやすくなりました。お得な制度ではありますが、イマイチわかりにくいという声もあります。
シングルマザー(母子家庭)ならではの個人型確定拠出年金iDeCoのメリットもあるのでご紹介したいと思います。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは?

確定拠出年金とは、老後の資産形成を目的として、公的年金(国民年金と厚生年金)に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつです。
ここでは、「老後の年金のひとつ」と覚えておいてくださいね。月々の掛け金は下記の図のようになり、雇用形態によって変わってきます。



確定拠出年金は今まで一部の方しか加入できなかったのですが、例えば、学童の指導員(非常勤)の公務員の方や会社に年金制度がある正社員の方や厚生年金に加入していない方も加入できるようになりました。

図の()内の数字は確定拠出年金の掛け金(上限)です。例えば、月々2万円、20年間加入した場合、積立額は480万円、月々1.2万円、20年間加入した場合、積立額は288万円となり、その積立を老後に受け取る形となります。

確定拠出年金には、個人型と企業型の2種類があります。老後の年金資金作りとしている点は同じですが、企業型は会社(事業主)が掛け金を拠出しますが、個人型は掛け金を自分で拠出します。

では、個人型確定拠出年金iDeCoはどのようなメリットがあるのでしょうか?

個人型の確定拠出年金iDeCo のメリット

個人型の確定拠出年金iDeCoは税金面で優遇されていることが最大の特徴ですが、それ以外にもあります。

  • メリット1:掛け金が全額所得控除になり節税になる
  • メリット2:運用した場合の利益に税金がかからない
  • メリット3:将来の年金受け取り時の税金面で優遇されている
  • メリット4:所得控除を受けた場合子育て支援制度面でプラスになる可能性がある

確定拠出年金は、老後資金の積立の中でも税金の面でメリットが優遇されている制度ですが、メリット4は子育て世帯やシングルマザーならではのメリットになります。

まずは、具体的にどのくらい税金面でメリットがあるのか確認していきましょう。

節税のメリット

メリット1はわかりやすくお伝えすると「節税」です。
掛け金について、月々の掛け金は税金面で全額控除になるからです。

例えば、所得税率5%(課税される所得の金額が年間195万円)のシングルマザーの場合

  • 月々の掛け金2万円:年間3.6万円節税

となります。

10年間で36万円も税金が低くなるのはありがたいですね。所得が高い、つまり税金を多く払っている方ほど節税効果は大きくなります。
逆に、支払っている税金が「0円」の方はそもそも税金を支払っていないので、「節税」にはなりません。自分が払っている税金について確認しましょう。

運用益のメリット

次にメリット2についてご紹介します。
一般的な資産運用の場合、運用益には税金がかかります。しかし、個人型の運用益は税金がかからないというものです。

例えば、受給時に確定拠出年金で購入した投資信託が値上がりし、50万円の利益が出た場合

  • 一般的な資産運用:税金を約10万円支払う(利益の20%)
  • 確定拠出年金:税金はかからない

となるので、
老後資金を運用することによって増やしたい方にはメリットがあります。

子育て支援のメリット

シングルマザーにとっては、子育て支援制度面でのメリットもあります。

例えば

  • 保育園の保育料
  • 高校の授業料

は住民税によって、費用が変わってくるのですが、確定拠出年金による所得控除がある場合は、結果的に住民税が低くなり、保育園保育料や高校の授業料の負担額が実質低く抑えられることもあります。

さらに、児童扶養手当は、所得によっても手当額が変わるのですが、個人で掛けた確定拠出年金の金額は「小規模企業共済等掛金控除」に該当し、控除されることによって手当額が変わる可能性があります。

シングルマザーにとっては、月々1万円の掛金も大きな金額です。しかし、目先のメリットもありながら、コツコツ積み立てることのできる「個人型確定拠出年金」はありがたい制度のひとつです。

ただし、注意点もあります。次にデメリットも確認しましょう。

個人型の確定拠出年金iDeCoのデメリット

以下の2つがデメリットです

  • デメリット1:原則60歳まで払い出しができない
  • デメリット2:加入時と運用期間中に手数料がかかる

手数料は、確定拠出年金を利用するには国民年金基金に対して支払う2,777円の手数料(加入時のみ)があります。
この額はどこに預けても共通です。それに加えて毎月の管理手数料がかかります。これらの総額は金融機関ごとに異なり、2,000円~/年です。

シングルマザーは加入した方がいいの?

確定拠出年金のメリットとデメリットを踏まえた上で、シングルマザーは加入した方がいいのでしょうか?
実際、収入が低くて税金を支払っている金額が0円(あるいは少ない)方は節税の効果が小さいため焦って加入する必要はないと考えられます。
逆に支払っている税金があるシングルマザーは加入のメリットが大きくなります。

加入の検討ポイントは

  • 税金を支払っているかどうか(収入がある)
  • 老後資金を増やしたいと考えている
  • 手元にあると使ってしまうので60歳までに堅実にコツコツ貯めたい

これらのどれかにあてはまる方は、税金面や老後の備えとしてメリットがあるので、加入を検討してもいいかもしれません。

老後の備え方は年金・保険・貯金と色々できますが、ひとつだけに絞って老後資金を補おうとせず、それぞれの特徴を踏まえて、老後資金を積み立てましょう。

また、そもそも「公的年金」っていくらもらえるの? と気になった方は日本年金機構のホームページより「ねんきんネット」で確認しましょう。便利なサイトですので活用してみてくださいね。

日本年金機構 ねんきんネット
https://www.nenkin.go.jp/n_net/

個人型確定拠出年金を始める時のポイント

最後に、個人型の確定拠出年金iDeCoを始める時のポイントや注意点をご紹介します。

  1. 銀行・証券会社に申込
  2. 掛け金を選択(年間6万円~27.6万円)
  3. 受け取り方を選択(年金か一括か)

まず、個人型の確定拠出年金iDeCoは自分で加入の手続きをする必要があります。

加入の手続きは、銀行や証券会社で行います。
金融機関によって違うのは、主に「手数料」「取扱商品」の2つです。手数料はできるだけ安い金融機関を選択するとよいでしょう。
また、既に購入したい金融商品がある場合はその商品を扱っている金融機関を選びましょう。

確定拠出年金の加入の有無に関わらず、シングルマザーは目先の家計と老後の備えの両方が大きな課題です。
この機会に老後も踏まえたライフプランや働き方を考え、制度や金融商品を上手に活用しながら堅実に賢く貯めて行きましょう。

― お金のプロが教える貯金・節約術 ―
1回目: シングルマザーも貯金ができる!
2回目: シングルマザーの支出を減らす節約テクニック!
3回目: シングルマザーの働き方別効果的に収入を増やす方法
4回目: 利率のいいところにシフト!効率よく貯金を増やす方法
5回目: 給付型奨学金に注目!もらえるお金を徹底解説