シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーに不安はつきもの!みんなが抱える不安って?

ライター 加藤良子

小学生の一人娘と完全に自分のことを人間だと思っているワンコと気ままな二人+一匹暮らしを楽しんでいるシングルマザーです。将来は日本を飛び出して二人で暖かい所に住むのが夢!シングルマザーならではの喜びや悩みを皆様と共有していきたいと思います

Photo ryoko kato

No27 170317 s

皆さんも多くの不安を感じているのではないでしょうか? ただ、他のシングルマザーも色々と悩んでいることがわかると、少しは気が楽になると思います。

今回は、気軽に相談できないシングルマザーならではの不安とその解消法をお伝えしたいと思います。

日々の生活で感じる漠然とした不安

シングルマザーとなったその日から一家の主になるのです。たとえそれまで専業主婦であっても、自分が子どもを養っていかなければいけない立場になります。
とりあえず働かなければ! と仕事に追われる日々がスタートしますが、一生懸命に働けば不安が解消できる、というわけでもありませんよね。

児童扶養手当(母子手当)以外の支援や手当を調べたり、月々に必要な金額を計算したり、保険の見直しなど収入と支出のメドを立てて現実と向き合うと少し冷静になれます。

現実逃避すればするほど不安感は増すので、スマホの家計簿アプリなどを利用して徹底的に管理することも解消法の一つです。
少々荒っぽいですが、不安を感じる暇もないほど忙しい日々を送るという方法もあります。

子どもに関する不安

やはり、最大かつ解消するのも難しい不安は子どもに関することだと思います。
色々と案じてしまうのはわかりますが、悩んでばかりいると子どもにもその不安が移ってしまいます。解消する方法もみつけていきましょう。

友だちの家との違いを感じていないか?

保育園(幼稚園)で行事が開催されたりお友だちの家に遊びに行く機会が増えると、他の子から「なんでパパがいないの?」と質問をされることもあり、「お父さん」の存在を意識し始めます。そのことを素直に話す子もいれば、聞かない方がよいとなんとなく察知する子どももいます。

友だちからお父さんと一緒にお出かけをした話を聞かされることだってあるでしょう。その時の子ども気持ちを思うととても辛く、どうしたらいいのかと不安になってしまいますよね。

ただ、子どもに不安な顔を見せてしまうと、お互いに不安が増すばかりです。
「パパはいなくてもママはいつもあなたのことを思っているのよ」という気持ちを、まずは子どもにしっかりと伝えましょう。子どもと一緒に笑顔で過ごせる時間をできる限り作ることが、一番の解消法です。

会話やスキンシップで子どもを大事に思う気持ちが伝われば、子どもの不安は解消されるはずです。そして子どもが不安を感じなくなれば、自分の不安も解消されるでしょう。

留守番

仕事で帰宅時間が遅い場合や急に残業になった時などは、子どもを留守番させることになります。

子どもを家に一人にしないように、幼稚園や保育園なら延長保育を利用したり、小学生なら学童保育を使いましょう。
家族を頼ったり、いざという時にお願いできるママ友を作っておくのも不安を解消してくれる方法となります。

また、勤務時間や残業など子育てに理解のある職場であるかどうかも、働きだす前にチェックしておきたいですね。

自分が抱える不安

仕事と家事、育児に追われて毎日を慌ただしく過ごしている時に、ふと「私はこのままお婆ちゃんになってしまうのかな……」という漠然とした不安を感じることはありませんか? シングルマザーならではのストレスもプラスされて、精神的に不安定になってしまう人もいるでしょう。

女性は、ホルモンバランスの関係で無性に寂しくなったり不安感が増す時期があると言われています。怒りっぽくなったり笑顔が少なくなったりして、子どもに嫌な思いをさせることもあるかもしれません。それを後悔して、そんなことをしてしまった自分にまた不安が増してしまったり……。

自分の限界を感じたら、たまには日々の家事や育児を手抜きしてみませんか? 子どもと一緒に外食をするのもよいですが、一人の時間を作ってDVD鑑賞をしたり、小さなことでもよいので自分にご褒美をあげるのもおススメです。
シングルマザーのコミュニティーサイトも数多くあるので、悩みを共有してみるのもいいかもしれません。

老後の不安

パート生活を続けて、毎月貯金をする余裕もなく時だけが過ぎていく……。
ある程度の年齢になると、「私、働けなくなったらどうするんだろう?」という老後の不安も感じるようになると思います。

自分と子どもの将来について考えることもシングルマザーの大切な仕事です。
保険料をきちんと納付していれば、老後にある程度の年金は確保できますが、日本の経済状況が今後どうなるかは分かりません。年金だけで生活していくのは厳しい、という声も聞きます。

しかし、この不安を解消できるのは、自分しかいないのです。
今からしっかり節約して貯金したり、この先必要となるお金を計算しておく必要があります。仕事以外にも空き時間を活かして内職をするなど、少しでも収入を増やしていくのも不安を解消に繋がるでしょう。

焦らずゆっくり解消しよう!

金銭面にしても子どものことにしても、不安をすぐに解決できる方法はありませんが、現実と向き合って、現状をきちんと把握し、自分自身や子どもに優しくなることで不安は少しづつ消えていくと思います。
急いで何とかしようとはせず、たまには息抜きもしながら、ゆっくりと解消していきましょう!