シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママだからこそ一人で悩まないで!明るい育児のススメ 小学生編

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

226188 main

筆者の娘は小学校中学年、周りには受験勉強を始めた子もいます。このくらいの学年になると環境が変化するとともに、子ども同士の人間関係も複雑になります。

子どもの進学や自分の育児の方針に自信が持てなくて悩んだ時に、一番の相談相手となるべき夫がいないのは心細いですよね。一人で抱え込んで鬱気味になってしまう方もいるようです。

今回は、筆者や周りのママたちの悩みとその対処法を一例としてご紹介したいと思います。

一人で抱え込まない

「一人だからこそ、一人にならないように相談相手を見つける努力を常にしている」というシンママもいます。

「他人に自分の悩みを話すのは恥ずかしい」「相手の迷惑にならないか心配」と躊躇する方も多いようですが……、反対の立場で考えてみましょう。
アドバイスを求められても、煩わしいとはそんなに思わないのではないでしょうか? 自分が必要とされている感じがして嬉しい、という人もいるでしょう。

相談相手は「頼る人」ではなく「話を聞いてくれる人」です。この節度をもっていれば「そう迷惑なことでない」と筆者は考えています。

二人称で考える

熱心なママほど何でも自分のことのように心を痛めてしまうことが多いのではないでしょうか?
子どもの悩みは本人の問題であってママは相談相手側になる、ということに冷静になると気がつくと思います。

子どもの気持ちを理解することはもちろん大切ですが、同じ立場で考えてしまうと親子で行き詰ってしまいます。
サポートするママは、俯瞰的で適格なアドバイスができるように「常に客観的に」ということを忘れないでくださいね。

小学生の親の悩み

では、小学校中学年の親の悩みを具体的にみていきましょう。

受験

公立小学校では4年生から学塾に通う子が増え「中学受験をするかしないか」が大きな分かれ目になります。子どもだけではまだ判断できないことだからこそ、悩むママも多いですよね。

お金の問題を別にすると、受験をするしないに関わらず、「私立はこう、公立はこう」という漠然としたイメージで決めない方が悩まなくてすみます。

実際の学区や生活範囲で私立公立それぞれの具体的な学校名が挙がると思うので、その学校のメリット、デメリットを整理し周りの中学校の現況を把握しましょう。

反抗期

小学校中学年になると、だんだん反抗的になります。
「どのように対応していけばよいか」シンママの場合は特に戸惑うことが多いようです。


反抗期対策1:聞き上手に
少し前までは「その日にあったことを話す」という報告的な会話でしたが、考える力が育つとともに、悩み事や疑問系の内容が増えます。

自分なりの答えを見つけたいという思いで親に相談するのですが、親がすぐ答えを出してしまったり、正論で片付けようとしたり、上から目線で話を聞かれるとプライドが傷つきイライラしてしまうようです。

対応が難しい年ごろだからこそ、筆者は聞く態度や親目線になりすぎないように気をつけて、聞き上手になるように心がけています。


反抗期対策2:自分が子どもだった頃を思い出す
親に先回りされてあれこれ口を出されたり、心配されすぎて「うざい」と感じた記憶はありませんか?

「自分が反抗期だったときにどんな風に感じていたか」を思い出すことが、お子さんへの接し方の参考になるそうです。

お子さんがママと全く違うタイプの場合、「自分が親にして欲しかった接し方と、この子が親にして欲しい接し方が違う」ということに気づけるかもしれません。


反抗期対策3:子どもが話せる大人を作る
両親の揃った家では「ママと喧嘩したらパパと話す」こともできますが、筆者の家のように娘と二人きりの場合、気分の切り替えが難しい面もあります。

「シンママ家庭では、子どもの年齢に関わらずママ以外にも話せる大人がいた方がよいのでは?」と考え、筆者の友人を家に招き、娘が多くの人と会話ができる環境を作っています。

特にお子さんが男の子の場合、父親の代わりに話せる大人の男性が身近にいるとお子さんも心強いと思います。
シンママ自身にとっても、子どもと面識のある友人は育児の相談相手として貴重な存在になります。

相談相手は?

他のシンママは誰に相談することが多いのでしょうか?

学校のママ友

同級生でかつ同性のお子さんを持つママ、に相談することが多いようです。同じ時期に似た悩みを持っているので、一番の理解者となります。

学生時代の友人

学校ママは苦手という場合は、学生時代の友人と交流しているようです。子どもの年齢にばらつきはありますが、自分の子どもの頃を知っている友人だと気を許して色々な話ができますよね。また、学校や生活環境が違うからこそ偏見なく話を聞いてもらうこともできます。

男性の同級生も頼りになります。男性が家にいないシンママ家庭にとって、パパになった同年代の男性の意見はとても貴重です。

新しい友人

筆者は、仕事や交流会で知り合いになった人の家に娘と遊びに行くこともあります。
その多くはお子さんが成人して夫婦だけで住んでいる方なので、子育ての先輩として参考になる話を色々と聞くことができます。また、娘を孫のようにかわいがってくれています。

祖父、祖母

意外ですが、自分の親に深刻な相談をする人は少ないようです。

「孫の見方ばかりで、自分の育児法を否定されるから」と遠ざかってしまうようですが、子どもが赤ちゃんだった頃を思い出して、親にも相談してみてはいかがでしょうか?

WEBサイト

ママモワカフェなどの掲示板を利用する方法もあります。
文字だけで伝えるのは難しい面もありますが、「読みたくない人は読まない」「顔見知りではない」という状況は、込み入ったことを相談しやすい環境でもあります。

ただ、人に辛辣な意見をするのが楽しみ、という人もいて嫌な思いもすこともあるので、「自分にとってプラスになるアドバイスだけを拾っていく」ことがWEBサイトを上手に活用するポイントです。

まとめ

「娘が最近返事しない……」と悩んでいた時、ママ友が「返事をしないくらいならよい方!うちの子なんか昨日むくれて夕飯食べずに寝ちゃった!反抗期かな」と共感してもらえて気分が楽になりました。

一人で悩んでいると「育て方を間違えたのでは」ととても不安になりますが……、話を聞いてくれる人が近くにいると明るい気持ちになれます。