シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

お相手探しはどこで?シングルマザーの出会いのきっかけは?

ライター 加藤良子

小学生の一人娘と完全に自分のことを人間だと思っているワンコと気ままな二人+一匹暮らしを楽しんでいるシングルマザーです。将来は日本を飛び出して二人で暖かい所に住むのが夢!シングルマザーならではの喜びや悩みを皆様と共有していきたいと思います

Photo ryoko kato

No24 20173028 s

仕事、家事、育児と慌ただしい毎日の中、シングルマザーにはどんなタイミングで男性との出会いがあるのでしょうか? 今回は出会いのきっかけについて考えてみたいと思います。

出会いを遠ざけているのは自分?

離婚直後は恋愛などする余裕もなく、「二度と結婚なんてするもんか!」という気持ちになると思います。

ただ、シングルマザーとしての生活にも慣れてきて気持ちに余裕が生まれると、「女として認められたい」という願望が出てくるのではないでしょうか? 女性は「男性に頼りたい」と切実に思う瞬間もあると思います。

シングルマザーだからといってその気持ちを抑える必要はなく、女性としてナチュラルな感情に素直になれれば、恋愛に前向きになれると思います。

では、どうして気持ちを抑えてしまうのでしょうか? 大きな要因は3つあると思います。

1.周りの目が気になる

法律に触れているわけでもなく誰に文句を言われる筋合いもないのですが……。シングルマザーというだけで偏見を持たれることもまだまだ多いので、彼氏とデートをしているところを見られたら、近所中にたちまち噂が広まってしまうことも考えられます。

子どもに愛情をもって接することができない男性の場合は考え直した方がよいと思いますが、真剣にお付き合いをしている相手なら周りから何を言われようと気にする必要はありません。

それでも気になるという方は、あまり人目につかないところで会うようにしたり、噂が広まらないように誰にも内緒で恋愛をする方法もあります。
周りの目が気になるからといって出会いを避けていると、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれませんよ。

2.子どものことが気がかり

恋愛をするとのめり込んでしまうタイプの人は、もしいい男性と出会ってしまったら子どもに対する愛情が半減してしまうのではないか? と心配になるようですが……、

結婚、出産、離婚という経験を通して自分も変わっているのではないでしょうか? 若い頃のように胸がキュンとなることもなくなり、自分の置かれた状況を客観的に見られるようになるので、子どもに不自由な思いをさせたままで恋愛に走ることはないでしょう。

ただ、その自信がないという方には恋愛はオススメできません。この場合は、男性と会う機会をあえて作らないようにした方がいいかもしれません。

ママに笑顔が増えれば子どもは嬉しいものです。子育てと恋愛のバランスが上手に取れるのであれば、子どもを理由に出会いをシャットアウトする必要はないでしょう。

3.ただ面倒くさい

今の気楽な子どもとの生活リズムを崩したくないというシングルマザーは多く、また今から新しく恋愛を始めるのが面倒くさいという意見もよく聞きます。

男性と会うことを面倒だと思っていると、自分の身なりや体形に無関心になってしまう傾向があります。
男性の目を意識することは美意識を高く保つための秘訣でもあるので、そのモチベーションを上げるためにも出会いはよい刺激になるでしょう。

キレイなママだと子どもも嬉しいと思います。それに……、元旦那と会った時に「離婚してキレイになった」と思われた方が気分もいいですよね。