シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

肌断食、タモリ式入浴法…お金がかからないのに本当に効果があるの?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

No19 20173028 s

佐伯チズさんも推奨する「肌断食」や、ハリウッドセレブも行っているという「タモリ式入浴法」。聞いたことがあるけれど、どういう美容法なの? と疑問に思っている人も多いと思います。

今回は、日本化粧品検定1級の資格を持っている筆者がこの二つの美容法を中心に、お金をかけない美容法についてご説明します。

週末肌断食

肌断食は、スキンケアもメイクも一切せず、朝と晩に顔を水かぬるま湯で洗うだけというシンプルな美容法です。

何も使わないのでお金はもちろんかりませんが、化粧品が買えないからという理由ではなく、肌に何もつけない日をあえて作ります。

肌断食がいい理由

「メイクは肌によくない」と言われることもありますが、「きれいな肌になりたい」と思って使っている化粧水や美容液さえ、実は肌の負担になっていることもあります。

肌には本来、バリア機能というものがあり、外部からのものを侵入させないようにしています。
浸透する化粧水や美容液をつけるということは、肌を守っているバリアをわざわざ破ってまで浸透させている、ということになるのです。
仕事でメイクをする必要のある平日は仕方ありませんが、週末だけでも洗いっぱなしのスッピンで過ごしてみましょう。

おすすめ平日メイク

紫外線が気になる季節になりますが、日焼け止めクリームは肌に負担をかけます。
欲張って肌に色々と塗るより、「朝は水だけで洗顔し、乾燥が気になるようなら少量のワセリンをのばしてからパウダータイプのファンデーションをのせる」という方法をおススメします。

ファンデーションには優秀なUV効果があり、日中何度でも塗り直しがきくため、汗をかく季節でも安心です。
なお、石けんで落ちるタイプを使えば、クレンジングもいらず、ゴシゴシ洗うことによる肌への負担も減らせます。

自分らしさは目元のポイントメイクで演出しましょう。日傘や帽子で紫外線をカットすることも忘れずに!

芸能人に人気!タモリ式入浴法

「タモリ式入浴法」とは、ボディシャンプーや石けんで体を洗わない入浴法です。テレビでお馴染みのタモリさんが実践していることから、その名がつきました。

石けんで洗わないなんて、汚い! と思うかもしれませんが、体の汚れはお風呂につかり、手でやさしくなでるだけで80%以上が落ちると言います。むしろ、ボディシャンプーなどをつけナイロンタオルでゴシゴシこすると、必要な皮脂が失われて肌に大きな負担をかけてしまいます。

「タモリ式入浴法」は肌にやさしいため、アトピー性皮膚炎の人には実践している人も多いようです。また、福山雅治さん、ローラさん、妻夫木聡さんといった芸能人も実践しているそうです。

ボディシャンプーや石けんを買う必要がなくなり、お財布にも優しい美容法といえますね。

福山雅治も!ノー・プーのススメ

タモリ式入浴法に慣れたら、「ノー・プー(湯シャン)」にも挑戦しましょう。シャンプーを使わないで、お湯だけで髪を洗う方法で、福山雅治さんも実践しているそうです。

シャンプーによる洗いすぎは必要な皮脂を頭皮から落としてしまい、頭皮に大変な負担をかけています。洗いすぎを止めて頭皮が健康になることで、髪の健康も取り戻せます。

シャンプーを使わないと頭が臭うのでは? と心配になりますね。
でも大丈夫。入浴前に乾いた髪をしっかりブラッシングして、入浴後にドライヤーで髪の根元からしっかり乾かせば、夏場でも気になるようなことはありません。

シャンプーもトリートメントもいらなくなれば、家計も助かりますね。

早寝早起き

仕事から帰って、夜遅くまで家事に追われているシングルマザー。睡眠時間が十分にとれていない人も多いのではないでしょうか?

しかし、美容にとって睡眠は何よりも重要です。質の良い眠りが、明日の美容と健康、心の元気にまで繋がっているのです。

仕事の時間帯にもよりますが、オススメなのは「夜22時に就寝、朝5時起床」という早寝早起きスタイルです。たっぷり7時間眠れますし、肌のゴールデンタイムと言われている午後10時から午前2時の間はしっかり眠っていることになります。

また、寝ている間に分泌される成長ホルモンは代謝も促進します。しっかりと眠ることで痩身効果も期待できますよ!

早寝すれば夜に使う暖房やクーラー代など電気代の節約にもなり、早起きすれば余裕を持った一日を過ごすことができます。家事も朝の方がはかどるので、無理をして夜中に済ませるよりは翌朝に回したほうがよいでしょう。

朝日を浴びてリセット

早寝早起きの習慣を定着させるコツは、朝起きたら「朝日を浴びる」ことです。

人間に備わっている体内時計が狂うと、不眠や疲れが取れない状態になってしまいます。朝日を浴びることで、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌が止まり、1日の始まりとして体内時計がリセットされるのです。

とはいえ、冬は5時だとまだ暗いですよね。そんな時は、布団の中でまっすぐ仰向けになり、両手両足を思い切り伸ばしては脱力、という背伸びを数回くり返しましょう。伸ばす時に息を吸う、脱力の時に一気に吐くとより効果的です。

まとめ

お金のかからない美容法、いかがでしたか? 節約ではなく「美容法」として取り入れることがポイントです。今日から実践して美しさをゲットしましょう!