シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

母子家庭でも住宅ローンは組めるの?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

226193 main

将来子どもは巣立っていきます。その時、自分が住む場所にだけは困らないように、子どもが帰って来られる場所は確保しておきたい! どうせ家賃は払うのだから、ローンを組んでマンションを買いたいというシングルマザーもいると思います。
今回は、母子家庭でも住宅ローンが組めるのか調べてみました。

シンママでも住宅ローンは組めるの?

母子家庭かどうかは関係ないので、普通の家庭がローンを組む時と同じ条件をクリアできればローンを組むことは可能です。

住宅ローンを組む際の条件

・今の年齢と完済時の年齢
・返済負担率
・雇用形態(正社員か派遣社員かなど)
・勤続年数
・年収
・担保の評価
・健康状態
・融資可能額
・借金の有無
・連帯保証

これらの条件を審査されます。
シングルマザーにとってはかなり厳しい条件かもしれませんが、ある程度年収があり長く働ける、万が一のことがあっても担保や連帯保証人がしっかりしている、返済能力が途中で変化しないか、という点がチェックされます。

住宅を購入するメリット

住宅ローンを組むには厳しい条件がありますが、シングルマザーが住宅を購入するメリットを考えてみましょう。

家賃を払い続けなくてすむ

賃貸のように家賃を一生支払い続ける、ということはなくなります。ただし、何かトラブルがあっても簡単に引越しなどができなくなるので、購入する前にしっかりと検討しましょう。

子どもに残せる

家やマンションは子どもに不動産として残すことができます。年数が経っても評価が下がらない物件を選んでおけば、将来子どもを助けることもできるでしょう。

住宅ローンを組む際の注意点

頭金

頭金とは、住宅ローンを組む際、契約申込み時に一定の額(率)を準備するお金のことです。頭金が多ければ借りるお金を減らすことになります。金融機関は、収入に対するローン返済額の割合を見るので、頭金が重視されるようです。
頭金がなくても住宅ローンを組むことは可能ですが、返済のことを考えると可能な限り用意しておいた方がよいでしょう。

自分ひとり分だけの収入で審査

母子家庭で収入があるのは母親だけになるため、一人の収入でローンの審査を申請することになります。
現在だけではなく将来的に収入が続くかどうかも確認されるので、パートやアルバイトの場合はかなり厳しくなります。

固定資産税

家を所有すると固定資産税を支払うことになります。固定資産税は、住んでいる場所、建物の床面積や構造、築年数などによって算出されます。

東京都内で専有面積80平方メートルのマンションの場合、年間の固定資産税は12〜18万円となり、決して安い金額ではありません。また、ローンを完済しても、家やマンションを持っている限り払い続けなければなりません。

なお、マンションでは管理費や修繕積立金などの維持費が毎月かかります。マンションの規模や地方によっても違いますが、70平方メートルのマンションで、管理費は平均で11,000〜14,000円、修繕積立金は5,500〜7,300円です。合計165,000〜21,300円はローンと別にかかることも頭に入れておきましょう。

母子家庭で住宅ローンを組むには?

自分の信用情報をクリーンに

信用情報とは、これまでのお金借入に対する返済への信用です。返済日までにきちんと支払い続けているかを見られます。
クレジットカードのリボ払いや分割払い、スマートフォンの料金未払いなどがあると通りにくくなってしまうので、注意しましょう。

母子寡婦福祉資金貸付金

母子寡婦福祉資金貸付金には、修学資金、住居資金・医療介護資金など色々な種類の貸付金が用意されており、低金利もしくは無利息でお金を借りることができます。
住宅を購入する際にも利用できるので、頭金などで悩んでいる場合はお住まいの自治体に相談しましょう。なお、条件や金額は自治体によって異なります。

新築以外をねらう

戸建にしてもマンションにしても、新築は値段が高くなります。高い物件はローン返済額も高くなるので、「新築以外」をねらいましょう。
ローンの返済時にその物件が築何年になるのかも考慮し、築年数があまり経っていないお得な物件を探しましょう。

親の援助(住宅資金贈与)

母子家庭でなくてもマイホーム購入の際に親から援助してもらうケースは多いと思います。
年間110万円までは贈与税が非課税な上、実の父母、祖父母など直系尊属から受ける贈与なら住宅資金贈与が適用されるので、条件により非課税枠が最高1,500万円までとなるケースもあります。

まとめ

ローンの審査は確かに厳しいですが、シンママでも住宅ローンを組む方法はあります。夢のマイホームのために、あきらめないでチャレンジしましょう!