シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

体型カバーもお手のもの!キレイなママでいるためのファッションテク

ライター 加藤良子

小学生の一人娘と完全に自分のことを人間だと思っているワンコと気ままな二人+一匹暮らしを楽しんでいるシングルマザーです。将来は日本を飛び出して二人で暖かい所に住むのが夢!シングルマザーならではの喜びや悩みを皆様と共有していきたいと思います

Photo ryoko kato

No.34 s

出産後、体型の変化を実感した方は多いと思います。
ただ、日々忙しく過ごしているシングルマザーは、ボディーケアに時間を割くことはできないですよね。

今回は、体型カバーができるファッションテクニックをチェックしていきましょう。

体型が崩れてしまうのは何故? 

仕事に育児に家事に……、とやることが多いシングルマザー。ランチを悠々と楽しむ時間もなく、ファストフードやコンビニのパンで手っ取り早く済ませてしまうことも多々あるのではないでしょうか? 

日頃のストレスを解消するために、子どもが寝た後に甘いモノについつい手が伸びてしまう……、という人も多いかと思います。

こんな食生活を続けていると、栄養のバランスが偏り、代謝も悪くなり、太ってしまう原因となります。

しかし、一番の理由は美意識にあります。
誰に見せるわけでもないし……、と投げやりになってしまうと、どんどん体形が崩れていきます。

毎日鏡で自分の姿をチェックするなど、「子どもにとってキレイなママでいたい!」という気持ちは忘れないようにしましょう。

一番細い部分をチラ見せする!

手首を腕まくりをしたり、7分袖を着たりして、体の中で一番細い部分である手首と足首を見せるようすると、着やせ効果が期待できます。

ドルマンスリーブなど袖にボリュームのあるトップスをチョイスすることで、さらに細く見せることができるでしょう。

ボリュームのあるトップスは、二の腕のたるみが気になるという方にもおすすめです。

スキニーやデニムをロールアップするほか、アンクル丈のパンツや長めのスカートをチョイスして足首の細さを強調しましょう。

トータルコーデにメリハリをつける! 

体型を隠そうとして全体的にゆったりとしたアイテムを選ぶと、かえって太って見えてしまうこともあります。

お腹を隠そうとしてゆったりとしたニットを着ると、ふっくらとしたシルエットになってしまいますよね。
ここで、ニットをウエストインするとボディーラインにメリハリが出て、スマートな印象になるでしょう。

さらに、ハイウエストのボトムをチョイスすれば、スッキリと引き締まって女性らしいボディーラインを演出できます。

ハイウエストのボトムを着こなす自信がないという方は、デザイン自体が立体的になっているアイテムがおすすめです。
例えば、ウエスト部分に紐やリボンが付いているワンピースやボトムは、ゆるくウエストを締めるだけでも十分にメリハリをつけることができます。

お悩みトップはやっぱり下腹!

急いで夕飯の買い物にスーパーに行った時、ガラスに映ったポッコリと出た下腹に愕然とした、という経験はありませんか??

下腹が気になる時は、体型カバーができるお役立ちアイテムを活用しましょう。

フレアトップス

裾にかけて緩やかに広がっているトップスは、ウエスト周りからお尻にかけてのラインをカバーしてくれるだけでなく、女性らしいシルエットを作ることができるすぐれものです。

さらに、丈はウエストより少し下までのタイプを選べば、ウエストの位置を高く見せることができるので脚長効果も期待できます。
合わせるボトムはできるだけタイトなシルエットのスキニーや、タイトスカートを選び、メリハリを意識しましょう。

カシュクール

カシュクールタイプのシャツは、ちょうど下腹にボリュームがあるデザインなので、下腹が目立ちません。

デザインがシンプルでボトムを選ばないので、幅広く活用できるアイテムです。また、ボタンの留め方によって普通のシャツとカシュクールの両方を楽しめるタイプもあるので、1枚持っておくと便利でしょう。

シャツワンピ

膝丈のシャツワンピは、さりげなく下腹をカバーしてくれます。黒タイツに同色のヒール、丈が短めのアウター、ボリューミーなアクセサリーなど、合わせるアイテムによってさらに着やせ効果が期待できます。

暑い季節は1枚で、寒い季節はインナーにタートルネックを着たり、アウターで楽しんだりと、1年中楽しめるアイテムです。

体型カバーのポイントはバランス

年齢を重ねるとお肉が下へさがっていきやすくなります。重力のせいなので仕方がありませんが、だからといって下半身を隠そうとしてボリュームのあるボトムをはいてしまうと、余計に太って見えてしまいます。

気になる部分をカバーしたいなら、気になる部分以外のアイテムにボリュームを持たせましょう。
フリルや大きめのリボンが付いたボリュームのあるトップスや、ジャケットにスリムなボトムを合わせることで、全体的なシルエットのバランスがよくなります。

上半身にボリュームを持たせることで、相対的に下半身を細く見せる効果が期待できます。

着やせテクで綺麗なママに! 

体型カバーテクニックを活用し自分の見た目に自信が持てるようになれば、毎日をポジティブに過ごすことができます。

自分はもちろん子どものためにも、着やせテクでスタイルアップして、キラキラしたシングルマザーライフを送りましょう!