シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

再婚するならこんな人!シングルマザーが再婚相手に望むこと

ライター 加藤良子

小学生の一人娘と完全に自分のことを人間だと思っているワンコと気ままな二人+一匹暮らしを楽しんでいるシングルマザーです。将来は日本を飛び出して二人で暖かい所に住むのが夢!シングルマザーならではの喜びや悩みを皆様と共有していきたいと思います

Photo ryoko kato

No.38 s

「結婚はもうこりごり」だったはずだけど……、ふとしたことがキッカケで「再婚したい!」と思うことがありますよね?

ただ、独身の頃とは少し男性に求める条件に変化があることにお気づきでしょうか? 今回はシングルマザーが再婚相手に求める条件について考えてみましょう。

シングルマザーが再婚したいと思う時

時間が経つと離婚したときに経験した精神的ダメージを忘れてしまい、また結婚したいと思うのは何故でしょう? 

老後の不安

このままずっと一人で子どもを育てていくことができるのだろうか? 
子どもが独立したら一人ぼっちになってしまうのだろうか? 

一人で生活することに対する不安を払拭するために再婚を考えるシングルマザーは多いようです。

経済的にも精神的にも頼れるような男性と結婚して、老後の心配などしなくてもよい毎日を過ごしたいと願うのは独身女性と同じでしょう。

ただ、シングルマザーの場合は子どもがいるので、将来の不安材料が倍になることも再婚したくなる理由ではないでしょうか。

安心感が欲しい

女性が一人で生活していると、例えば重いモノを運ぶ時やゴキブリを見つけた時など、男性が必要だと感じる時があります。特に精神的に弱っている時などは切実な問題となります。

また、ホルモンバランスの変化に影響を受けて精神的に不安定になる場合があるという話を聞くこともあります。誰かに頼りたいという気持ちも再婚を後押しします。

子どものために

自分だけで子育てをしていると、父親の必要性を感じることがありますよね。特に、男の子を持つシングルマザーは、子どもの成長とともに、男同士で話し合える環境が必要だと思うことも増えるでしょう。

子どもの方から「お父さんが欲しい」と言われる場合も、頭の中に「再婚」の2文字が浮かぶのではないでしょうか?

養われたい

仕事、家事、育児と目まぐるしい毎日の生活に疲れ果てると、無意識のうちに「誰かに養われたい」という願望が頭をよぎります。

特に、離婚するまで専業主婦だった場合は「前の生活に戻りたい」と思う人もいるでしょう。

好きな人ができたから

恋愛の延長線上に結婚があるという、自然な理由です。

「将来のために」「子どものために」という理由ではなく、自分が好きな人と一緒になりたいから再婚したいと思えるなんて素敵ですよね。

再婚相手に求めること

子どもとの接し方

将来お父さんになる男性と子どもとの相性は重要です。

子ども好きだと豪語していたとしても、子どもに会わせた時に、気に入られようともので気を引こうとする男性もいます。

子どもは、お菓子や玩具などをもらえば嬉しくて好意を持つかもしれません。ただ、子どもにとってよい父親とは、一緒に遊んでいる時に子どもが心から笑顔になれたり、物事の良し悪しを教えてくれたりする男性ではないでしょうか? 

経済的な安定

経済的な問題がクリアになるような再婚ができれば、少なくともシングルマザーが抱えている不安の一つが解消されますよね。

収入のことを気にせずに働き、子どもの帰りを家で迎えてあげられる生活が理想的と思っているシンママは多いでしょう。

ただ、「経済的に余裕のある男性はモテるから、女性問題が心配」という意見もあります。

こんなよい生活をさせてもらえるなら浮気ぐらいしてもかまわないと割り切るシングルマザーもいるようですが……、皆さんはいかがでしょうか? 

心の広さ

離婚歴があることに関してグダグダ言う男性は論外です。また、子どもの父親は他の男性だという事実を心から受け止めてくれる寛大さも必要になります。

誠実さ・真面目さ

離婚の原因が元旦那の浮気や借金だったシングルマザーのなかには、同じ失敗を繰り返さないためにも真面目な男性との再婚を望んでいる人もいるのではないでしょうか? 

なんとなく気が合うから一緒にいるという恋愛ではなく、再婚を前提とするのであれば、見た目や経済的な条件よりも、誠実さがポイントになるでしょう。

二度目だからこそ再婚は焦らず慎重に! 

色々な経験をしてきたシングルマザーだからこそ、昔と現在の理想の男性像が異なるという人が多いようです。恋愛をして再婚に前向きになるのはよい傾向でもありますが、自分の理想とする男性との出会いがあるまでは妥協しないようにしましょう!