シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

楽しみながらやる気アップ!子どもの英語力を伸ばす方法

ライター 加藤良子

小学生の一人娘と完全に自分のことを人間だと思っているワンコと気ままな二人+一匹暮らしを楽しんでいるシングルマザーです。将来は日本を飛び出して二人で暖かい所に住むのが夢!シングルマザーならではの喜びや悩みを皆様と共有していきたいと思います

Photo ryoko kato

226226s

英語ができると将来の仕事の選択肢が広がるということもあり、英語教育に力を入れているシングルマザーも多いのではないでしょうか? 

今回は、子どもと一緒に楽しみながら英語を習得する方法をご紹介します。

英語を聞く・話す環境を作る

私は長年子どもに英語を教えていますが、過去の生徒さんにはなんと0歳児もいました。

「0歳児はどうなのだろう……」とさすがに不安に感じながらレッスンを始めましたが、約2年間、週1回のペースで続けたところ、私が話し掛ける英語にきちんと反応し、CDで流していた歌をきれいな発音で歌えるようにもなりました。

2、3歳から始める子どもの場合は、半年くらい経つと私の質問をほとんど理解するようになり、英語の歌が鼻歌のレパートリーになります。

今は小学校高学年から英語の授業が始まりますが、何年たっても英語の歌を覚えることができない子もいますよね。

小さい頃から定期的に英語を聞き続けた子どもは、耳が英語に慣れているので記憶に残りやすく、早く覚えることができるようです。

何故、耳から聞くことが大切なの?

「臨界期仮説」という有名な仮説もあるように、脳は7~9歳くらいまでに「聞く音と聞かない音」を区別するようになるので母国語と周波数の異なる外国語の習得は難しくなる、とも言われています。

何ごとに対しても柔軟な幼少期から、英語に接する機会を作っておくとその後の英語学習の助けになるでしょう。

子どもの興味をひく教材を選ぼう

幼児用の英語教材も数多く販売されています。高額な商品も多いので、シングルマザーの皆さんは「もっと安い教材はないの?」と思うのではないでしょうか? 

ただ、わざわざ高い教材を揃えなくても、子どもに英語を聞かせる環境を作ることはできます。

私が実践していたのは、本屋さんなどで購入できる英語の歌のCDを車の中で流すという方法です。

自分の好きな曲を聴きたいのを我慢して、子どもといる時は簡単な英語の歌をずっと流していました。子どもは覚えが早く、すぐに鼻歌で歌えるようになりました。

最近では、スマートフォンで子ども用の英語の歌やフレーズ集などの動画を利用すれば、より手軽に英語に接することができると思います。

集中して見なくても、遊んでいる時のBGMにするだけでもインプットされるでしょう。

親が子どもの英語力を低くしている!?

少しでも英語に慣れて欲しいと思い、子どもとのコミュニケーションに英語を多用するママがいますが、かえって子どもの英語力を低くする原因になることがあります。

「ママとシェアしようか?」「このお菓子ゲットする?」など、日本語と英語がミックスされたフレーズが使われることがありますよね。

子どもは親との会話を通して日本語を覚えていきます。二つの言語が混在した言葉を聞いて育つと、日本語の基礎がきちんと身に付きません。

母国語である日本語を習得できていないと、第二外国語を学ぶことは難しくなります。

筆者の反省

私は子どもに英語を覚えさせたくて、赤ちゃんの頃からずっと英語で話しかけていたので、幼稚園に入る前には私が英語で話し掛ける内容をすべて理解できるようになりました。

本当はインターナショナルスクールに入れたかったのですが……、通える範囲になかったこともあり諦めて普通の幼稚園に入園しました。

幼稚園では英語を聞くことも話すこともなく、娘は徐々に英語を忘れていってしまいました。

現在は小学5年生になりますが、幼少期に中途半端に英語を覚えたせいか、日本語の理解が他の子どもより若干遅く誤った日本語を時折使うことがあり、物事の説明も上手とは言えません。

これから改善できることだとは思いますが、親の責任だと反省しています。

本当のバイリンガル教育とは?

二か国語を話せる人のことを「バイリンガル」と言いますよね。

例えば、父親とは英語、母親とは日本語で話す環境で育ったハーフの子どもの場合、英語脳と日本語脳の切り替えが自然とできるようになるようです。

このような環境をつくるのは難しいと思いますが、正しい日本語を身に付けさせることはできます。

本気で「バイリンガル」教育を目指すなら、家で正しい日本語を教え英語教室などで正しい英語を習得させることが最も有効な方法になります。

正しい英語教育で子どもの可能性を広げよう!

子どもの頃に英語が楽しいと思えると、英語への抵抗感もなくなるようです。

「将来、役立つレベルの英語力を身に付けさせて可能性を広げてあげたい」と願うなら、効果的な方法で英語力アップを目指しましょう!