シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

日本学生支援機構の給付型奨学金がスタート!

ライター 加藤葉子

女性とシングルマザーのお金の専門家として、全国の女性よりお金の相談を受けているファイナンシャルプランナー。行政主催のマネー講座や女性ファイナンシャルプランナーの養成などでも活動中。シングルマザーで一児の母。

Photo yoko kato

No62s 2

平成29年度からスタートした日本学生支援機構の給付型奨学金。給付型の奨学金制度は、大学進学による家計の負担が心配なシングルマザーに朗報です。

今回は、日本学生支援機構の給付型奨学金の基本と注意点をご紹介します。

給付型奨学金の目的と給付額

日本学生支援機構の給付型奨学金は、大学などへの進学の目的や意志があるにもかかわらず、経済的理由により進学が困難な学生に対して、進学を後押しすることを目的にスタートしました。

従来の貸与型の奨学金と違い、返済義務がないのが最大の魅力です。日本学生支援機構の奨学金申請のしおりである平成30年度の「給付奨学金を希望する皆さんへ」によると、対象者の給付額は下記のとおりです。

日本学生支援機構の給付金額(月額)

自宅通学 自宅外通学
国公立(※) 20,000円 30,000円
私立 30,000円 40,000円


(※)進学した国立大学等で授業料の全額免除を受ける場合は減額されます。
出典:日本学生支援機構「平成30年度 給付型奨学金を希望する皆さんへ」から筆者が作成

条件によって給付額に幅があり、毎月2~4万円の金額が設定されています。
子どもが私立大学で自宅通学の場合、月3万円(年間36万円)なので、大学4年間で144万円の給付額となります。

給付型奨学金だけで大学費用の全てをまかなうことはできないと思いますが、家計にとっては大きな助けとなります。

ただ、進学した国立の大学などで授業料の全額免除を受ける場合は注意が必要です。授業料の負担がないため、給付金が減額されます。

詳細は、日本学生支援機構のWEBサイトを確認してください。

日本学生機構WEBサイト
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/

給付型奨学金の対象者

次に、対象者の条件を確認しましょう。

平成30年度「給付奨学金を希望する皆さんへ」によると、給付を受けるためには次の三つの基準を満たす必要があります。

  1. 家計基準
  2. 学力、資質基準
  3. 人物、健康基準

日本学生支援機構は、高等学校などの推薦書類を元に審査をします。審査の結果、対象者が基準を満たしていると認められた場合、奨学金の給付が決定されます。

1.家計基準

大学などへ進学する希望を持っている人で優れた資質と能力を有し、以下のいずれかに該当する方が対象となっています。

  • 住民税非課税世帯の人、又は生活保護受給世帯の人
  • 社会的養護を必要とする人

住民税非課税世帯であることの証明は「住民税(非)課税証明書」が必要となります。下図のように「市区町村所得割額」の部分が「0円」であるかどうか確認しましょう(注:市区町村によって、様式は異なります)。



出典:日本学生支援機構 平成30年度「給付奨学金を希望する皆さんへ」

社会的養護を必要とする人とは児童養護施設、児童自立支援施設に入所している人、あるいは、入所していた人を指します。

日本学生支援機構 平成30年度「給付奨学金を希望する皆さんへ」
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/__icsFiles/afieldfile/2017/04/25/h30annai_kyuhu.pdf

2.学力、資質基準

二つ目の基準は、進学の目的及び意思が明確な給付奨学生として相応しいかというものです。
高等学校などが定める基準に基づいた学校長の推薦が必要です。子どもの成績が優秀であることも主な基準の一つとなります。

3.人物、健康基準

三つ目の基準は、学習活動その他生活の全般を通じて態度や行動が学生にふさわしく、将来良識ある社会人として活動できる見込みがあり、修学に十分耐え得るものと認められるかということです。

日本学生支援機構から推薦基準のガイドラインは定められているものの、対象者については、子どもが通う学校が推薦するという説明になっています。「うちの子は対象になるのかな」と気になる方は、子どもが通う学校の窓口に問い合わせるとよいでしょう。

日本学生支援機構の給付型奨学金制度は始まったばかりなので、今後、見直しの可能性もあります。必ず、日本学生支援機構のWEBサイトや子どもが通う学校などで最新情報を確認してください。

給付型奨学金の申し込み方法

では、申し込み手順を具体的にみていきましょう。時系列に沿って主な流れをご紹介します。

高校3年生(申し込み~採用候補者決定)

  1. 在学する高等学校への申し込み期限の確認
  2. 申し込み書類の用意と提出
  3. 申し込み手続き完了
  4. 採用候補者決定

大学進学後(受給開始)

  1. 大学進学
  2. 進学先の大学で「採用候補者決定通知」を提出
  3. 採用(振込み開始)
  4. 継続して交付を受ける場合は在学中にも定期的に手続き
  5. 卒業(終了)

日本学生支援機構の給付型奨学金の申し込みは、子どもが通学している学校が奨学金窓口となっています。申し込みができる期間も決まっており、学校によって異なります。

「期限が過ぎてしまっていた!」ということがないように、高校3年生になったらすぐに準備を開始する必要があります。
進路指導の際に先生に確認する、あるいは、お子さんに「奨学金の話が先生からあったらすぐ教えてね」と伝えておくと安心でしょう。

なお、奨学金の給付開始は大学入学後であることに注意してください。

大学入学前の高校3年生の間には、受験費用や入学金などが必要になります。
大学進学にかかる費用は、高校3年生の夏までに現金を準備する、あるいは、現金が不足する場合は他の制度や教育ローンを活用するなどの対策をとりましょう。

貸与型の奨学金も活用できる

給付型奨学金だけでは大学費用が不足する場合は、貸与型の奨学金を同時に利用することも可能です。

日本学生機構の貸与型奨学金には、無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金の2種類があります。

給付型奨学金の対象者は、無利子の第一種奨学金を貸与できる可能性が高くなります。貸与型の奨学金に申し込む場合は、無利子の第一種奨学金を利用しましょう。

第一種奨学金は給付型奨学金と同時に申し込みする必要があるので、忘れずに申請するようにしましょう。

また、大学独自の奨学金や民間の奨学金についても併給が可能なものがあります。奨学金の活用については 「シングルマザーの気になる子どもの教育費5 大学費用は給付型奨学金も活用!」も合わせてご覧くださいね。

まとめ

日本学生支援機構の給付型奨学金制度は決められた期日内に手順に沿って申請する必要があります。忙しい毎日を送っているシングルマザーには、手続きが大変に感じるかもしれません。

ただ、受給が決定した場合、大学4年間で100万円以上の金額になり、家計が心配な方にとってはありがたい制度です。十分に情報収集を行い、手続き書類の準備など早めの行動で備えましょう。