シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザー家庭 節約休日の楽しみ方~秋バージョン~

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

226274 main

秋は祝日や振り替え休日などで学校が休みになる日が多くなります。

先日、筆者は娘と横浜デートに行きました。恐竜展を見て、お買い物して、中華街でご飯食べて、1万円飛んで冷や汗……。

筆者のようなシンママ家庭ではお休みの度に観光地に遠出することは厳しいですよね。
そこで今回は、生活圏内で楽しい休日が過ごせるようなアイディアを集めてみました。

秋祭り

秋は町内会のお祭りが開催されます。
「かき氷100円、ヨーヨー釣り50円」など、町内会主催のお祭りではお財布に優しい価格が嬉しいですよね。

子どもたちが山車やおみこしを担いでゴールするとお菓子がもらえる、という昔ならがの風景もどこか懐かしく、夕方からの盆踊りでは婦人会のおば様方が踊り方を教えてくれて、知らない人とも仲良くなれます。

ハロウィーン祭りも定着してきていて「仮装して商店街を回ると無料でお菓子がもらえる!」と子どもにも人気です。

また、児童館の秋祭りは子ども主体で行うところも多いので、お子さんが実行委員会に参加すれば、平日ママの帰宅までは児童館に通って準備、お祭り当日はママにお店屋さんの姿を見せて、とお子さん自身もとても充実した秋が過ごせます。

こうした小さなお祭りの情報は、児童館や福祉会館の掲示板や町内の街頭掲示板に掲載されます。日程など書き留めておきましょう。

筆者の娘は二つの児童館祭りと各町内会の秋祭り巡りをするので、秋の土日は毎週大忙しになりそうです(苦笑)。

ショッピングモールなどの商業施設や大きな公園でも秋祭りやフェスが数多く行われています。
「町内会祭りは盛り上がっていない」という場合は、WEBサイトで「秋祭り」で検索してみてくださいね。

○○体験 ○○教室

教育系の文化財団、NPO、協賛企業が主催する○○体験や○○教室という催しが盛んに行われるようになりました。親子で参加できる企画もたくさんあります。

特に秋はスポーツ大会や野外活動も多く開催されます。
児童館、町内会、PTA主催の秋ハイキングやバーベキューなど貸切りバスで行くイベントもあります。
車を持っていないシンママでもお気軽にレジャーが楽しめ、通常の観光会社のバスツアーよりも格安です。

このような情報は福祉会館やエコプラザなどのチラシコーナーに置いてあります。学校で配布されるので、子どもが持って帰ってくることも多いです。

事前申し込み制がほとんどで、人気企画はすぐに定員になってしまいます。お子さんが持ち帰ってくるチラシはため込まずに日々チェックし、気になる企画は早めに申し込みましょう!

一例ですが、東京都港区のエコプラザでは毎月体験教室などのイベントを開催しています。

港区立 エコプラザ エコでみなとく
https://minato-ecoplaza.net/

秋ピクニック

お弁当、ピクニックシートにクッション、本やトランプなどのゲーム、おやつやお酒など、くつろげるアイテムを準備万端整えて、いつもの公園にピクニックに出かける、という方法もあります。

秋の公園はさわやかで、それだけで気持ちいいです! 紅葉の綺麗な公園があれば「紅葉狩り」気分も味わえます。

芝生に寝転んでお昼寝。仕事で忙しい寝不足シンママには最高の贅沢ではないでしょうか?

おうちレストラン

食欲の秋! インドア派のママは、お子さんと1日かけてお料理を楽しむのはいかがでしょうか?

「子どもに料理を教えたり」「自分が料理を楽しんだり」する時間が普段はなかなか取れないシンママですが……、子どもと一緒にメニューを考え、買い物に行き、いつもよりスペシャルな料理を一緒に作りながら過ごすと、とても充実した休日になります。

我が家では、子どもが小さい時はクッキーやケーキのデコレーションが定番でしたが、最近では流行りのホイップ盛盛パンケーキにもトライ。お店で食べるよりかなり安く再現できますよ。

フルコースの晩御飯作りもおススメです。
サラダ、スープ、肉か魚、パスタかピザ、デザートと、一品一品はいつものメニューでも、コース仕立てにすると素敵なおうちレストランディナーに! 何と言っても、お子さんが手伝ってくれた料理の味は格別です。
お子さんが小学校高学年~中学生くらいになったら、ぜひトライしてください。

図書館

読書の秋! 休日のアイディアが思いつかないときは、図書館に行ってみませんか?
「借りたい本があるから図書館に行く」ではなく、「ぶらぶらして気になる本を手に取ってみる」のも色々と発見があって、面白いですよ。

普通の家では揃えていないような画集、限定の本など貴重な書籍、幅広い趣味の本、子どもとお子さんが一緒に楽しめる絵本。DVDブースでは映像も楽しめます。

バラバラで図書館を見るのではなく、お子さんと一緒に回るのがポイントです。
親子で共通の興味を見つけて一緒にできる趣味に繋がれば、これからの休日がより楽しみになります。

例えば、お子さんがファッション誌を見ていたら「次の休日は買い物に行く?」とか、旅行雑誌が好きなら「冬休みはどこに旅行に行く?」など、今後の休日のアイディア出しにも図書館は便利です。インターネット用のPCも用意されているので、色々と調べることもできます。

ミュージアム巡り

芸術の秋! 東京都港区には「ミュージアムネットワーク」というものがあります。
WEBサイトではイベントが一覧になっていませんが、小学校で配布された冊子には「招待券プレゼント」や「無料展示」の情報もわかりやすく表記されています。 お子さんと芸術の秋巡りはいかがでしょうか?

港区ミュージアム・ネットワーク
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/musenet/index.cgi

まとめ

いかがでしたか? レジャーというと観光地まで遠出するイメージがありますが、平日あわただしく過ごしている街中にも、のんびりじっくり楽しく過ごせる場所がありますよ!