シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーなのに……仕事が続かないのは何故?

ライター 山木三千代

キャリアカウンセラーとして年間1,000人以上のシングルマザーの就職をお手伝いしています。私自身も4人の子育てと仕事を両立させながら収入をあげるため、多くの転職を経験。そのノウハウをお伝えします。

Photo mitiyo yamaki

226301 main

「安定した仕事に就きたい」というのがシングルマザーに共通する希望だと思います。子どもを一人で育てていくために、何より大切な収入を得るための仕事は長く続けたいですよね。

ただ、「仕事が続かない、すぐ辞めてしまう」そんな悩みを持つシングルマザーも少なくありません。

今回は、そんな悩みを持つ方に、「どうしてすぐに辞めることになってしまうのか、どうすれば長く続けられるようになるのか」を知っていただき、少しでも安定した仕事に就くためのヒントをお伝えしたいと思います。

仕事が続かない人の共通点

仕事が続かない人には、2種類のタイプがあります。貴女はどちらのタイプでしょうか?

仕事がつまらなくて、辞めてしまうタイプ

このタイプの方は、3~5年で仕事を辞めてしまうことが多く、同じような職種で仕事を転々とします。

事務職で派遣社員・契約社員などの経験が長い方にこの傾向が強いようです。
他の職業でももちろん見受けられますが、仕事内容がそれほど難しくなく、単調で、ある程度慣れてしまえば誰にでもできる、という仕事を選んでいる方に多いようです。

「とても真面目」「自分に自信のない」という傾向があるため、仕事が続かないことに対して罪悪感を持ってしまい自信をさらになくしてしまう、という悪循環にはまっていることもよくあります。

実はとても器用な方で、仕事でも言われたことはきちんとこなします。働くこと自体も嫌いではなく、自分のできる範囲の仕事は一生懸命取り組むことができます。

少し矛盾して聞こえるかもしれませんが、この「真面目で一生懸命」ということが長続きしない原因になるのです。

なぜなら、それほど難しくない仕事を一生懸命に1~2年向き合うと、当然のように完璧にできるようになります。特に何も考えなくても、日々の業務は滞りなく進んでいきます。

問題なく業務が進むことは理想的であり、安定したお給料を手にすることもできます。しかし、なぜかこのことが不満の種になる場合もあります。

同じ場所で2年働いていると、色々なものが見えてきますよね。

自分と同じ仕事をしている先輩。自分と違う仕事をして、いつも忙しそうな同僚。自分と同じ仕事をするために入ってきた後輩。

「自分自身がこの会社のどの位置にいて、どのような役割を担っているのか」ということもわかってきます。そして、それらを総合すると見えてくるのが「自分の未来像」です。

2年前に始めた仕事と同じことをしている今の自分。3年後も同じ仕事をしているであろう自分。大きな成長もスキルアップも、もちろんキャリアアップも、この会社に長くいてもできないかもしれない。

「子どもがこれから大きくなっていくのに、今のままでは育て上げることができないかもしれない」その不安から「私、このままでいいのかな?」と感じて、仕事を辞めてしまった経験はありませんか? 今はまだ辞めていなくても、辞めたくなっていませんか?

人間関係でつまずいて、辞めてしまうタイプ

このタイプの方は、1年以上続くことが少なく「職場の上司や同僚などに恵まれない」と感じています。

転職や職種を変更することにあまり抵抗はないのですが、自分自身の希望条件には強いこだわりがある方が多いようです。

また、とても優しい面を持っているので、自分の意見より相手を優先するクセを持っています。

こだわりが強いけれど(それを)表に出すことができないタイプの人は、職場での人間関係が上手くいかなくなるようです。

上司や同僚との関係が悪いことを理由に転職をしますが、転職した先でも同じように人間関係で悩むことになります。

仕事や職場を変えても、同じようなことの繰り返しになった経験はないでしょうか?

子どもとの将来のために安定して働きたい気持ちがあればあるほど焦ってしまい、一刻も早く新しい環境を求めるために、仕事を転々としてしまう結果になります。

「好ましくない状況」ということも感じているので、転職自体が怖くなったり、人間不信や人付き合いに恐怖心を持ってしまうこともあるようです。

仕事が続かないと悩んでいる方へのアドバイス

仕事がつまらなくて、辞めてしまうタイプの方

一生懸命働くことができるので、シングルマザーとして子どももきちんと育てていくことができるはずです。

ただ、安定を求めるあまり、無難な仕事を選んでしまうのでしょう。それが、長続きしない原因になります。

人は働くことで評価されたいと望んでいます。無難な仕事はできて当たり前と考えられることが多く、評価されたり感謝されたり褒められたりすることはあまりありません。

その結果、給料も低い基準に抑えられ、自分の頑張りと報酬が見合ってない気持ちになっていきます。

先輩でも後輩でも評価や報酬にあまり変わりがないことがわかると、モチベーションが下がってしまうのは当然でしょう。そこから抜け出す方法がその会社にいても見つからない時、仕事を辞める選択肢が浮上してくるのもわかります。

そんな貴女は、難しそうな仕事にチャレンジしてみましょう。

経験のない仕事でも構いません。苦手だと思っていたけど興味のある分野に挑戦してください。貴女は貴女が思っているより、仕事がデキる人です。

どのようなことでも10年続けられればベテランになれます。今から始めることが、10年後の貴女を「○○のベテラン」に変化させるでしょう。

そして、問題をきちんとクリアしながら進んでいきましょう。できないことができるようになること。そして、それを評価され感謝される仕事を探してみましょう。

例えば、介護職。未経験からのスタートでも、働きながら資格を取得してキャリアアップすることも可能です。

スキルアップがキャリアや収入のアップにつながる仕事は他にも色々あります。もっと自信をもって、自分の未来を自分で決めてみませんか?

キャリアアップすると、自分の未来を自分で決めることができるようになります。

人間関係でつまずいて、辞めてしまうタイプの方は

「どうして職場に恵まれないの?」と思っているのではないでしょうか?

「人間関係」は、職場だけではなく生きていく中での大きな悩みの一つです。ただ、全く悩んでなさそうな人がいるのも事実。その人と自分は何が違うのでしょうか?

どの職場にも様々な人がいます。「人付き合いが苦手だから」と人との接触の少ない仕事を選んだとしても、一人ぼっちで働くわけではないので悩みは必ず生じるでしょう。負担は少なくなると思いますが、それだけでは本当の解決にはなりません。

人間関係に悩みの多い人は、「必要とされる人になること」が問題解決の一番の近道です。

自分の気持ちや意見をついつい抑えて、相手に合わせてしまうタイプの方は、そのこと自体が辛くなってきます。そして、自分が認められていない気持ちになり、怒りすらわいてきます。特に認められていることを上手に受け取れていない場合に起こりやすくなります。

「ありがとう」と言われたとき、貴女はどのように答えていますか?

日本人の特性かもしれませんが「いえいえ」「そんなことないです」「私なんて」と思ったり答えている人は要注意です。
「ありがとう」と言われたら「こちらこそ、ありがとうございます」と答えてみましょう。今日から少し意識してみてください。

褒められたときにも「そう言ってもらえて嬉しいです。ありがとうございます」と受け取ってください。「どうせ私なんて……」と思っていると、人間関係はあまりうまくいきません。

自分が心を開いて自分を受け入れて、相手も受け入れると、いつの間にかよい関係ができていきます。

世の中には色々な人がいるので、うまくいかないこともあるでしょう。自分の心や体が危険な時は、すぐに逃げていいと思います。

ただ、そうでないときは気持ちを少し切り替えましょう。

職場は仕事をする場所です。自分の感情で業務が滞るのは、給料をもらって働くプロとしては、あまりよいとは言えないですよね。仕事は仕事と割り切れる人は割り切ってみましょう。何よりそれが一番だと思います。

このタイプの方も、少し難しい仕事にチャレンジして、周りの人のことなんか気にしている余裕がないくらいの毎日を過ごすのも一つの方法です。そうすることで、結果的に評価が上がったり、自分自身がキャリアアップできますよ。

最後に

仕事が続かないことの最大のデメリットは、「自分で自分が嫌になってしまうこと」です。自信もなくなってきます。そのような状況が続くと、子どもとの生活にもマイナスの影響がでてきます。

ママが自信を持って仕事に取り組んでいる姿が、子どもの未来を明るくします。そのためにも、自分が満足するまで勤め続けられる仕事と環境を自ら作り出しましょう。

一人でも多くのシングルマザーが、自信を持って仕事ができるようになると思って応援しています。