シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーが子育てでイライラするのはどんな時?どう対処しているの?

ライター 加藤良子

小学生の一人娘と完全に自分のことを人間だと思っているワンコと気ままな二人+一匹暮らしを楽しんでいるシングルマザーです。将来は日本を飛び出して二人で暖かい所に住むのが夢!シングルマザーならではの喜びや悩みを皆様と共有していきたいと思います

Photo ryoko kato

226313 main

日々の生活で子どもに対して思わずイライラしてしまうというシングルマザーも多いのではないでしょうか?

イライラして怒ってしまうことが続き、何とも言えない虚しさを感じることもあるかと思います。また、シングルマザーの子育ての大変さは、経験した人にしかわからない部分もあると思います。

みなさんはどんな時にイライラしてしまいますか?

落ち着いてくれない!イライラ

子どもは落ち着きがありませんよね? ヒマさえあれば走り回る、次々に違うものに興味が湧いてどんどん散らかして片付けない! イライラしてしまうポイントは数え切れないほどあります。

仕事を終えて子どものお迎えをしてから夕飯の買い出しにスーパーに。さっと買い物を済ませて急いで帰りたいのに……、子どもが駄々をこねたり店内をふざけて逃げ回ったりするような事態になれば、人目をはばからず怒鳴ってしまうこともあるでしょう。

食事中も、途中で遊び出したり他のことが気になったりして箸が進まないなど、大人一人で食事をするときの倍くらいの時間がかかることもあります。

普段は自分で食べている子どもであっても、時間の余裕がないときは食べさせてやるしかないこともあります。すると、親の都合で食べさせてやったりやらなかったりするという矛盾が生じ、自分自身に対してもイライラ。

睡眠不足のイライラ

子どもが夜泣きをする時期は、睡眠時間が短くなり疲労やストレスも溜まるのでイライラしてしまいますよね。ひとりで子育てをしているので、夜中に起きて泣き止むまであやしてくれる人も自分以外にいません。

抱っこしてやっと寝たと思ってベッドに置いたとたんに泣いたり、泣き声が近所迷惑になるのではないかと気になったり、何で泣いているのか理由がわからなかったりする時は、「何でもいいから泣き止んで!!」と本当に叫びたくなります。

夜泣きによる睡眠不足のイライラは、シングルマザーに限った問題ではないでしょう。

ただ、パートナーのいるママの場合、「私が頑張っているのにいびきをかいて寝ている」など、子どもではなく子育てに協力的ではないパートナーがイライラの標的になります。

言うことを聞かないイライラ

子どもは二歳くらいになって自我が芽生え始めると、とりあえず何でも自分でしたい気持ちが強まります。一般的に「イヤイヤ期」、「魔の二歳児」と言われる時期です。

「ごはん食べようね」「イヤ!」
「お風呂入ろうね」「イヤ!」
「お洋服着ようね」「イヤ!」

言うことすべてを否定されると、頭ではそういう時期なのだと理解していてもイライラしてしまいます。

筆者の一人娘のイヤイヤ期はあまりひどくありませんでしたが……。

周りの同世代の子どもたちは、口を開けば「イヤ!」「自分でやる!」と言っていたので、「ママは大変だろな」と同情すると同時に、私だったらおそらく「それなら勝手にしなさい!」と小さな子ども相手に怒鳴ってしまうだろうと思っていました。

そして、筆者は「イヤイヤ期が楽だった分、反抗期が凄いことになるのではないか」と心配しています。

休めないイライラ

「平日は仕事、休日は子どもと過ごす」日々が続くと、ひとりの時間を楽しむ余裕などありません。

パートナーがいれば子どもを預けて美容院やショッピングに出かけたりすることもできますが、預けられないシングルマザーは身も心も休まる時間がなく、余計にイライラします。

「寂しい思いをさせているのではないか」という子どもに対する罪悪感もあり、「パパがいない分頑張らなくてはいけない!」と感じているシングルマザーも多いようですが、子育てと仕事、家事を両立するだけでも大変です。

ある程度の精神的な余裕がない限り、イライラせずに子育てをすることは不可能に近いのではないでしょうか?

イライラした時、どうしてる?

子どもに対してイライラした時の対処法は人それぞれ異なると思います。ただ、自分なりの対処法を見つけておくと助かると思うので、いくつかご紹介したいと思います。

その場で深呼吸

深呼吸には思っている以上に気持ちを落ち着かせる効果がある、と言われています。家でも外出先でもイライラした時にさっと簡単にできる対処法です。

シングルマザー同士で悩みを共有

同じ境遇のママ友がいれば、電話で愚痴を言い合ったり休日に子どもを交えて会ったりすることができます。

近くにママ友がいない場合は、シングルマザーのブログを読んだり、ネット内でのコミュニティーに参加したりすると、ストレス解消になりますよ。

自分の好きなことをする時間を作る

自分の時間を作るようにしましょう。長い時間を捻出する必要はありません。週に1時間でも自分の好きなことをして過ごすと、十分にリフレッシュすることができます。

目覚ましをセットして熟睡したり、観たかったDVDを観たり……、ご褒美としてスィーツを食べたりするのもおすすめです。

気持ちがスッキリすると同時に、「私ばかり楽しんでゴメンね」と子どもにも優しくなれるという効果もあります。

違う環境の友人と会って刺激を受ける

専業主婦や仕事を頑張っている独身のキャリアウーマンなど自分とは違う環境にいる友人と会うと、よい意味で刺激を受けます。

「シングルマザーに限らず、他の人も色々な悩みながら頑張っているんだ!」と改めて感じることもできます。

子どもの存在のありがたさにも気が付くこともできるので、子育てに精神的な余裕が持てるようになりますよ。

子育てのイライラとは上手に付き合おう

シングルマザーが子育て中にイライラしてしまうのは特別なことではありません。その都度落ちこむのではなく、その場で解決してスッキリして笑顔になれば、子どもも笑顔になってくれます!

「さっきは怒ってゴメンね。ママはイライラしてしまったの」と素直に謝って、子どもと楽しい時間を過ごすようにしましょう。