シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

生活費にプラス!パソコン知識なしでできるシングルマザーにおすすめの内職

Id172 00

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)におすすめの仕事

内職は、本業の収入が少し足りないときの心強い味方

id172-01

内職ならダブルワークも可能

「内職」はひところよりも、職種も増えて暗いイメージではなくなってきました。「在宅ワーク」という表現をされていることもありますよね。おうちから外に出ていく仕事とは違って、決まった時間に勤務しなければならないというような決まりはないので、シングルマザーにはとてもありがたいものです。

内職のいいところ

  • 自分のペースで仕事配分ができる
  • 子どもの面倒を見ながら仕事ができる
  • やった分だけお給料に跳ね返る

仕事のペースを自分でコントロールできるのは、特に小さなお子さんがいるママは助かりますよね。「お熱が出た」「お迎えに行く」など、お子さんとの時間を調整しながら仕事ができますし、出来高制であれば、頑張った分だけお給料に反映することもできます。

内職のシビアなところ

  • 単価が恐ろしいくらい安価
  • 納期や仕上がりなど、かなりきっちりと見られる
  • おうちの中が、モノであふれかえる

パーツ作りなどの内職の場合は特にそうなのですが、ひとつ何銭レベルだったりします。銭とは1円以下、0.XX円の世界です。納期についてもある程度の余裕はありますが、早いうちから手をつけていかないと間に合わないこともありますし、パーツの入った段ボールなどがおうちにたくさん積み上げられることにも……。

仕事があるだけ、シンママにはうれしいもの

どんな仕事でも、リスクはついてまわるものです。時間や場所の拘束があるシンママにとっては、マイナス面を考えても仕事があるだけで気持ちの余裕もできるはず。おすすめの内職を、タイプ別にご紹介します。

 

物作りがメイン!インドアタイプの内職

id172-02

検品作業

工場から出荷された物が規定通りにできているか、危険はないか、正常に作動するかなど、一品一品のチェックを行う業務です。なかには、商品のコンディションを記載したり、衣類であれば簡単な修繕まで求められたりすることもあります。検品は、商品販売の最終段階。責任を持って仕事に取り組みたい方におすすめです。

季節物作業

クリスマス、バレンタイン、ハロウィンなど、さまざまなイベントに使われるアイテムのパーツ作りや、詰め合わせの業務です。イベントごとの数か月前には、依頼が多くなります。お仕事ではありますが、季節のイベントを楽しんでいる気分になれるかもしれませんね。