シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

0円で出来る!シンママの美容法 (基本編)

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3 s 150x150

0円で出来る!シンママの美容法 (基本編)

5ca1435218f9bfc287de1f75812c56e7\_s
自分の美容の為にかける時間もお金も無い~というシンママも多いでしょう。
今回は0円で美ママになる方法(基本編)をご紹介します。

基本中の基本ですが、意外に出来ていない「早寝、早起き、早ご飯」
実はこれを守るだけで、美容、健康、更にはダイエットにも良いのです。今一度ご自分の生活リズムを見直してみましょう。

早寝の基準は22時

睡眠不足だと肌は老化し、シワ、乾燥、シミが増えたり、髪もパサパサ、睡眠による脳のストレス解消もうまく出来なくなってしまいます。
逆に言えば、早寝するだけで美ママに!
特に22時~2時は睡眠のゴールデンタイム。ママのお肌に、髪に、更にはお子さんの成長に必要なホルモンが分泌されるといわれています。ママが早寝だとお子さんも自然と早寝の習慣がつきます。
家事が終わらなくて寝れない!というシンママの事情は解りますが、仕事から帰ってヘトヘトな状態で頑張るより、思いきって「明日の朝やろう!」と2時間早く寝てその分2時間早く起きてみて下さい。

 

早起きは三文の得

例えば22時迄に寝て4時に起きれば6時間は寝られます。仕事に出るのが7時だとしたら朝からなんと3時間もあるのです。(ちなみに筆者は21時30就寝、5時起床、8時出勤)
慣れない早起きだと最初は辛いと思いますが、一ヶ月ほど同じ時間に起きれば意外に目が覚める様になります。
この時間を掃除、洗濯、お弁当や子どもの朝ごはんにちょっと手をかけたり、夕食を作っておいたり…
早朝バイトは深夜料金と同じく割が良いので、朝バイトをしているシンママもいます。
勿論、録画したTVを見たり自分の為の時間にしたって良いのです。
「早寝早起きは0円エステ」と思って、そして今流行の「朝活」気分でお試しください。

早ご飯

合わせて実践して頂きたいのが「早ご飯」
夕食を18時位に。少なくとも20時迄には食べ終わる様にしてみてください。既にお子さんは大きくてママは毎日夜遅くまで仕事夕食はお子さんと別々という場合はなるべく職場で夕食を済ませてしまい、夜中に帰宅してから食べるのをちょっと我慢してみましょう。

ちょっと食べ過ぎちゃったな~という日でも、早ご飯ならその後に掃除を頑張ったりTVを見ながらストレッチしたりして少しでもカロリーを消費してから寝る事ができます。

食べて直ぐ寝るのは太りやすいだけでなく消化器官にも負担がかかり肌荒れの要因になることもあります。
朝「お腹が空いた~」と実感できるのは健康の証拠。昨日の摂取したカロリーが溜まらずに消費されているという事です。

 

まとめ

夜仕事のシンママもいると思います。最近は22時という時刻にはこだわらず「入眠後3~4時の眠りを大切にすれば良い」という説もあります。美容にも健康にも一番悪いのはストレス。寝るのが夜中過ぎてしまっても焦らずに、寝る前にはリラックス出来る様に工夫して見て下さい。
シンママだって、いやシンママだからこそいつまでも若く美しく!そうすれば新しい恋のチャンスも訪れるかも?!