シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

この選択は正しかった?みんなはこうしてシンママになった……!

ライター 天守閣ノボル

紙媒体からWEB媒体に活動の場を移し10年目のアナログライター。小学生と保育園児、2人の子をシングル育成中。兄妹仲悪し。

Photo noboru tensyukaku3

Id185 00

id185-03

シンママになったのは、どうしてもそうしなければいけない理由があったから。望んでシンママになった人なんて、あまりいませんよね。「ひとりで子どもを育てるしかない!」と決断したけれど、「本当にこれでよかったのかな」と考えてしまうことはありませんか? そこで今回は皆さんに、シンママになる決断をしたときのことを思い出していただきました。

 

Q1. 離婚を切り出したのは自分でしたか、相手でしたか

id185-01

  1. 自分から切り出した 80.0%
  2. 相手が切り出した 18.8%
  3. その他 1.2%

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成、N=100)

離婚のきっかけは「自分から」のシンママが圧倒的多数

離婚を「自分から切り出した」と答えたシンママが8割! 圧倒的多数を占める結果になりました。男女の対等な関係で成り立つはずの結婚生活ですが、離婚においては、ずいぶん男性の影が薄いんですね。離婚原因はさまざまとはいえど、女性のほうが思い切りがいいのかもしれません。

男性はがまん強い?それとも家庭軽視?

「相手が切り出した」(18.8%)、つまり男性側からの離婚の申し出は、2割にも満たない結果。女性の1/4です。シンママとしては、「オトコは決断力がないから」「オトコのほうが悪いから」などという意見を押し付けてしまいたくなりますが、「離婚したら、女性のほうが困る」とドロ沼になってもジッとこらえる男性も少なくないそうです。また、家庭より仕事が中心で、離婚なんて思いもいたらない男性も多いのかもしれませんね。