シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

未婚の母、シングルマザーになる前に、知っておくべきこと

子どもが生まれたら支援制度を受けよう

id203-04

未婚でもひとり親向けの支援制度が受けられる

未婚のシングルマザーであっても、離婚や死別の場合と同様に、ひとり親向けの支援制度が受けられます。児童扶養手当ももらえますし、ひとり親家庭医療費助成などもあります。出生届を出したときに役所で手続きできますので、きちんと申請しておきましょう。

未婚シングルマザーは寡婦控除が受けられない

離婚や死別のシングルマザーは、税法上の寡婦控除があり、税金が安くなります。けれど、未婚シングルマザーには寡婦控除は適用されず、税金が高くなってしまいます。また、保育料や公営住宅の家賃などは税額に応じて算定されるため、負担が大きくなることがあります。なお、自治体によっては未婚シングルマザーでも寡婦控除をしたものとみなして保育料等を算定してくれることもあります。

 

まとめ

未婚でシングルマザーになるときには、「本当にやっていけるの?」という不安もあれば、世間の目が気になることもあると思います。けれど、母親として子どもを守るためには、自分が強くならなければなりません。子どもの笑顔が支えになるはずですから、自信をもって前へ進みましょう。

― 関連記事 ―
道端カレンや椎名林檎も!未婚のシングルマザーは法律で守られてないの?