シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザー(母子家庭)が彼氏の両親に挨拶するとき、どんなことに気をつければいいの?

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id189 00

id189-01

恋人の両親に挨拶しに行くとき、緊張や不安でいっぱいになることでしょう。ましてや、離婚歴のあるシングルマザーならなおさらです。再婚であることや子どもがいることなどは、決して好条件とは言えないものです。
それでも、ご両親への挨拶をクリアしなくては先には進めません。シングルマザーが彼の両親に会いに行くときに気をつけたいポイントをまとめました。

 

清楚なスタイルを心がける

id189-02

何と言っても、大切なのは第一印象。きっと誰もが想像すると思うのですが、やはり多くの親世代は清楚なファッションや髪型、立ち居振る舞いを求めています。その王道路線を外さない方が無難です。

黒髪のストレートで勝負!

ご両親への挨拶が決まったら、派手な色に髪をカラーリングするのはお休みしましょう。できれば、清潔感のある黒髪でまとめられると好印象です。

清楚なファッション

初対面はワンピースやスーツなどの清楚系ファッションをおすすめします。色は、グレーやベージュなどの派手さがないものが良いですね。意外と目が行くネイルも、気をつかいたいポイントのひとつ。派手なアートなどは避けて、磨く程度か、カラーリングをしたい場合はベージュ系などの落ち着いた色にしましょう。

 

初めての実家訪問!気をつけるべきことは?

id189-03

そして、いよいよ彼の実家に訪問! 気を引き締めてご両親と対面しましょう。

彼を立てるような立ち居振る舞いを

自分の息子が立てられている様子に、悪い気をする親はいません。「こんなふつつかな私を、いつも○○さんは支えてくれています」というくらいの会話を盛り込んでみても良いでしょう。ちょっと言い過ぎなくらいでも問題ありません。また、行動するときも彼より一歩下がるような、低姿勢な気持ちで動いてくださいね。

品のある菓子折りをお渡しする

おいしいと評判のお菓子や老舗菓子を持っていけば喜ばれますし、そこから会話も膨らみます。甘いものやしょっぱいもの、どのようなジャンルのお菓子が好きなのかを、事前に彼にリサーチしておきましょう。