シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーなのに突然の出張!子どもはどうする?

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id19 01

id19-02

仕事をしているシングルマザーのなかには、突然の出張や外出などで、どうしても家を1~2日空けなければいけない事態が絶対にないとは言い切れませんよね。子どもだけで一晩過ごさせるわけにも行かないし……。そんなときでも慌てずに対処できれば、子どもを不安にすることなく、安心して仕事に集中できるはず。いざというときの対応策を、今から考えておきましょう。

何かあったときに頼りになるのはやはり実家

シングルマザーにとって一番頼りになるのは、やはり自分の実家ではないでしょうか? 同居していなくても、近くに親が住んでいれば、遠慮なく頼りにしましょう。

シングルマザーの中には「親に迷惑をかけたくない」と無理してしまう人も多いですが、迷惑をかけるのは仕方がないこと。そのぶん、どこかで親孝行して返せばきっと喜んでくれるはずです。頼りにできるものは頼りにしましょう。

子どもの父親とは協力関係を維持しておくのが理想

id19-03

離婚した後も、元夫は子どもにとってはたった一人のお父さんです。離婚してシングルマザーになった場合、元夫との関係はできるだけ良好に保っておき、何かあったときには協力してもらえる体制を整えておくことをおすすめします。

子ども自身が嫌がるような場合は別ですが、「お父さんのところへ行ってもいい」と言うのであれば、出張中に預けることができるか頼んでみましょう。

「遠くの親戚より近くの他人」身近に頼りになる友人知人をもっておく

id19-04

近くに頼りになる親や兄弟姉妹もいない、元夫も頼れないという場合には、近くの友人知人に預かってもらいましょう。子どもが小さい間はなかなか頼みにくいものですが、小学生くらいになると、同級生のお母さんなどに頼みやすくなります。子どもも仲良しのお友達と一緒なら寂しくありません。

シングルマザーこそ、積極的な友人作りを!

離婚すれば引け目を感じて周りの人とのお付き合いに消極的になってしまう人もいますが、シングルマザーになったときこそ、積極的に友人を作るべきです。日頃から自分が周りの人たちのためにできることは進んでやるという姿勢でいれば、何かあったときに助けてくれる人はたくさん現れます。