シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

子どもに障がいがあると診断されたら……シンママとしてできること

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id186 00

id186-01

我が子に障がいがあると診断されたら、どうしたらいいのでしょうか? 「一人で子育てするだけでも大変なのに、どうしたらいいの?」と不安になってしまいますよね。今回は、実際に障がい児を育てる筆者から、心の持ち方や支援制度についてご紹介します。

 

自分を責めないで、受け入れること

id186-02

筆者の我が子が脳性マヒと診断されたのは、1歳4カ月のとき。その頃の我が子は首が据わっておらず、歩くどころかつかまり立ちもできませんでした。「どこかおかしい」と思ってはいるものの、実際に診断されたときは帰りの車中で涙が止まらなかったものです。

受け入れるまでがひとつの壁

いろんな障がい児のママを実際に見てきましたが、まれに我が子の障がいをママが受け入れられないパターンがあります。「子どもの障がいは自分のせいだ」といつまでも自分を責めてしまったり、発達障害などの親でも気付きにくい障がいの場合には「うちの子に限って」と親が障がいを認められなかったりするのです。

認めて受け入れれば、前に進める

確かに、認めたくない、受け入れがたい現実ではあります。ですが、きちんと受け入れなければ前に進めません。前に進むとは、適切なリハビリや訓練・指導を、きちんと受けることです。各市区町村には専門の施設がありますので、まずは相談することをおすすめします。専門の訓練を受けることは、子どもの将来に必ず役に立ちますよ。

 

誰だって、知らないことだらけ

id186-03

一言に障がいと言っても、知的障害から肢体不自由、病気や事故が原因で起こるものと、非常にさまざま。身内やごく身近に障がい者がいた環境で育っていなければ、障がいのことを知らなくて当たり前なのです。まずは落ち着いて、障がいについて調べてみましょう。

障がいを知れば、何をすればいいか見えてくる

泣いたり自分を責めたりしても、子どもに障がいがあるという事実は変わりません。つらいですが、まずは母親である自分がしっかりとその事実を受け止め、その障がいがどういうものなのかを知ってください。そのうえで、リハビリや専門の訓練など、子どもに何が必要なのかを専門の医師や訓練士とよく相談して、今後の方向性を決めていきましょう。子どもの障がいを通じてさまざまなことを知り、我が子が宝物であるということにも気付かされるはずです。