シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

性格?お金?浮気?みんなの離婚原因まとめ

ライター ei.t

シングルマザー歴1年の新米シンママです。小学生の姉妹を育てつつ、毎日を楽しむ!がモットー。家族のカタチは変わったけれど、セカンドステージで頑張ってます!

Photo eit

Id194 00

id194-01

結婚した夫婦の3組に1組が離婚するといわれる時代! 昔と比べて、あなたの周りにもシンママが増えていませんか? 私の離婚原因はああだったけれど、周りのみんなは何が原因だったんだろう? 気になるみんなの離婚原因をまとめてみました!

 

主な離婚原因は?

id194-02

離婚する原因としてよくあがるのがこちら。あなたの離婚した原因も、この中にあるでしょうか。

性格の不一致

今も昔も、離婚の原因といえば必ずあがるのが「性格の不一致」です。気が合い、愛し合って一緒になったはずの二人なのに一番の離婚原因になるというのも皮肉ですが、例えば価値観の違いや育児に関しての考え方の違い、どんな些細なことでも考え方が合わないと感じれば全てが「性格の不一致」になるのですから、離婚原因として幅広く使われているといえます。それが、必ず主な離婚原因としてあがる理由なのかも知れませんね。

浮気

一口に浮気といっても、「一度だけでもNG!」という方もいれば、「プロならOK」な方や「身体の関係があるなしでなく、気持ちが傾いていたならアウト!」な方もいてさまざまだと思います。病気のように浮気を繰り返す相手に愛想を尽かしてしまうことも。
「相手をどうしても許せなかった」「許したけどうまく立て直せなかった」「相手が去っていってしまった」などなど、浮気が原因の別れは悔しさや嫉妬が交じるぶん、立ち直るのに時間がかかると聞きます。ですが、すっぱりと別れを決めた時点で、少なくとも新しい道への一歩を踏み出しているはず!
また、反対に女性が浮気をして離婚に至るケースも増えています。女性側が浮気をした場合は男性が許してくれないケースがほとんどですが、許してくれたとしても再び関係をうまく築くことができず、後々離婚してしまうことが多いようです。

モラハラ

モラハラ(モラルハラスメント)は最近多くなった離婚原因のひとつといわれがちですが、これは昔からあったことではないでしょうか? 亭主関白といえば聞こえは良いですが、「女性はこうあるべきものだ」など、一歩間違えば理不尽な抑圧や押し付けのようなことを、昔の女性もされていたのではと感じてしまいます。
今は女性も強くなり、おかしいなと思ったら黙ってばかりいないで行動できるようになったことが、離婚原因として増えている理由といえるのかも。
一方で、モラハラを受けている最中は洗脳されているような状態に陥ってしまうことも。周りが「何かおかしいな」と気付いてあげることも大事なのではないでしょうか。

DV

こちらもモラハラと同様、受けている最中は洗脳されたような状態になり、「逃げる」という選択ができなかったりします。「自分が悪いから……」「自分さえ変われば……」「普段はとてもいいパパだし……」そう思ってしまい、なかなか離婚に踏み出せなかった方もいるでしょう。ですが、どんな理由があるにしろ、男性女性に関わらずDVは最低な行為です。暴力からは悲しみや憎しみしか生まれなかったはず。
「DVを身近に感じて育った子どもは、将来本人もDVをしてしまう可能性が高い」という話を聞くと、DV被害にあったことがある方は恐ろしく思ってしまいますよね。しかし、あなたが離婚を選択したおかげで、早いうちにその負のスパイラルを断ち切れたのです!

浪費癖

付き合っているだけのときは、気前がいいところも男前だと思っていた……、というママさんもいるのでは。結婚してみて、気前がいいのは見えを張りたいだけだったということに気付いたり、自分の趣味にはお金をかけるのに家庭にはお金を入れない、お金にだらしないなどの問題点が発覚したりして、別れを決めるママさんも多いようです。
実際、この離婚原因では「別れてからの方が経済的に楽になった」という声をたくさん聞きます。子どもたちの将来のためにも、良い決断を下したといえますね!

義実家の家族と折り合いが悪い

ドラマでよく見る「嫁・姑問題」だけではありません。要は、育ってきた環境が違うことをお互いに認めて尊重できなかった結果が離婚につながってしまうのではと思います。
習慣の異なる家庭で育った者同士が結婚したのですから、意見の合わない場面があるのは当然ともいえますが、相手の両親や兄弟姉妹・親戚とも仲良くやっていこうという気持ちがあれば、価値観の違いを認めたり埋めたりしようとするはず。
その努力もせず、ただ不機嫌な応対をされてしまったら、自分の生い立ちを否定されたような気持ちになっても仕方ありませんよね。同時に、いくら自分の家族だとしても、間違った意見だと思ったらそれを正せるのが本当の家族ではないでしょうか。にもかかわらず、実家問題が常に離婚原因の上位に入ってしまうのには、それだけ深い闇がありそうです。

近年の離婚原因ランキング

id194-03

  • 1位 性格が合わない
  • 2位 精神的虐待(モラハラ)
  • 3位 異性関係(浮気・不倫)
  • 4位 DV(暴力をふるう)
  • 5位 生活費を渡さない

引用:All About「離婚の理由・原因ランキングトップ10」
http://allabout.co.jp/matome/cl000000012092/

他にも、夫婦だった二人にしか分からない離婚原因はたくさんあると思います。年月や関係性、楽しかった思い出が多ければ多いほど、こじれてお別れしたママさんも多いのでは。でも、離婚原因が何であれ、元旦那は子どものパパには違いないのです。どんな別れ方をしていても、子どもの前で元旦那を批判するのはやめておきましょう。

 

離婚は新たな人生の第一歩

id194-04

離婚後は不安や負い目を感じてしまうことも

離婚して月日が経つと、「どうしてあんなに悩んでいたのだろう」とすっきりした気持ちになったり、反対に「離婚しなければ良かった」と後悔をしたり、さまざまな感情が芽生えてくるものです。子どものことを思うと、「寂しい思いをさせているのではないか」という負い目を感じたり、経済的な面でも十分なことをしてあげられているか不安だったりしますよね。

新たな人生を選んだのは自分自身

でも、思い出してみてください。あなたの離婚原因は何でしたか? 苦しかったですか? そして今は、幸せですか? 今がどんな状況であれ、新しい人生を選んだのはあなたです。そして、これからの人生を子どもと共に幸せに生きるのも、あなた次第なのです。

 

まとめ

みんなの離婚原因を知ることで、「あなただけが悪かったわけではない」「相手だけが悪かったわけでもない」、「そんな相手を選んだのも自分、そして別れる道を選んだのも自分だ」という気がしてきませんか? 離婚は悪いことではなく、再スタートのための選択肢のひとつ。それを胸において、これからはさらなる幸せを目指しましょうね♪