シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザー家庭の年末年始の過ごし方

ライター cestalavie

本業とは別にライターを始めて1年。現在キュレーションサイトなどで執筆活動中。シングルマザー歴は6年。3人の子どもと、去年仲間入りした猫との生活を楽しんでいます。

Photo cestalavie

Id202 00

id202-01

今年ももうすぐ終わり、慌ただしい年末年始がやってきます。ほとんどの方が長いお休みに入り、実家に帰る人もいれば、親子だけの年末年始を迎える人もいるでしょう。そんな「年末年始をどう過ごそう」と悩んでいるシングルマザーに、年末年始の過ごし方をいくつかご提案します。どうぞ参考にしてみてください。

 

親も子どもも、1年間よく頑張りました!

id202-02

ひとりで家計を支えるシングルマザー。楽しいこともあればつらいこともあり、ときには投げ出したくなるようなことも……。けれど、1年間頑張ったからこそ、今があります。それは子どもも同じ。うれしいことはもちろん、寂しいこともあったはず。このお互いの頑張りを、これ以上ないくらい褒めてあげてください。そんな1年を積み重ねていくことが、きっと未来の幸せにつながるのです。

1年間の頑張りをねぎらうのに、プチ贅沢はいかが?

いつもは忙しいシングルマザーも、年末年始は少し時間ができますよね。子どもと一緒にプチ贅沢はいかがですか?

  1. ドライブ レンタカーを借りたりして、ちょっと遠くへドライブはどうですか? いつもとは違う景色を見るだけで気分は変わりますし、車中でのおしゃべりも楽しいものです。くれぐれも疲労時の運転は避けて、安全運転で楽しんでくださいね。
  2. プチ旅行 年に一度、この時期に親子で海外旅行に行くという人もいますが、時間もお金もそこまで余裕のない方は、国内旅行はいかがでしょうか。今の時期からでも予約が間に合うこともあるので、ぜひチェックしてみてください。

日程や場所などを誰かと調整する必要もなく、親子だけで決められるのは、シンママ家庭ならではの良さでもあります。フットワーク軽く、年末年始を楽しんでください。

 

必ずしも特別なことをする必要はない

id202-03

「親子で○○」シリーズで日常をスペシャルに!

あまり贅沢はできない、という人にはこういうのはいかが? 掃除や料理、散歩など、普段一人でやっていることを「これでもか!」というほど親子で一緒にやってみるのです。

親子だけの時間を大切に過ごす

例えば、「親子で大掃除」は、掃除の仕方や注意点など、子どもと一緒にやることで、掃除の大変さや大切さを伝えられます。さらに、掃除をしながらいろんな話もできるでしょう。料理も同じです。それに、そういった家事に興味を持って覚えてくれたら、ママにとっても一石二鳥ですよね。普段は忙しくてできないことをゆっくりできるこの時期だからこそ、親子で時間を共有してみてください。「親子で散歩」、「親子でゲーム」、「親子でビデオ・DVD鑑賞」などもいいですね。あなたは子どもと、どんなことをしたいですか?