シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

両親が再婚しろとうるさい!シンママはどうしたらいいの?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id190 00

id190-01

離婚を経験すると「結婚なんて二度としたくない」と、しばらくは恋愛さえ嫌だと思うシンママも多いと思います。でも、一人で仕事も子育ても頑張るシンママに対し、両親が「再婚したら?」と言ってくることもあるのではないでしょうか。一度ならまだしも、しつこく何度も言ってくる……。そんなときは、どうしたらいいのでしょうか?

 

お互いの気持ちをとことん話し合う

id190-02まずは、両親と腰をすえて向き合って、きちんと話し合いましょう。親にとっては、どれだけ大人になっても、子どもは子ども。娘が一人で苦労していると思うと、いてもたってもいられないのでしょう。どうしてそこまで再婚をすすめるのか、親の気持ちを聞いてみましょう。

自分の思いをわかってもらう

両親の考えがわかったら、次は自分の気持ちも正直に話しましょう。離婚の原因がトラウマになっていることや、一人でもしっかりやっていけること、再婚はしかるべきときがきたらちゃんと考えることなど、冷静に気持ちを伝えることが大切です。

 

再婚をすすめる親の気持ちって?

id190-03

離婚した状況や環境にもよりますが、子どもが小さく、実家と離れて暮らしている場合は、とにかく心配されているということが考えられます。子育ての大変さを知っている親だからこそ、たった一人でそれをこなそうとする娘のことが心配でたまらないのです。「親心である」ということを忘れないようにしましょう。

親が再婚をすすめる理由とは?

考えられるのは、

  • 収入が不安
  • 病気をしたとき、一人だと心配
  • 子どもが小さいうちに再婚した方が、新しい父親ともなじみやすい
  • 子どもが巣立った後、一人じゃ心配
  • 子どもには父親が必要

など、さまざまな理由が考えられます。頭ごなしに「イヤ!」とつっぱねず、ひとつの意見として耳を傾けましょう。

話し合っても再婚をすすめられるときは

親との話し合いが平行線の場合は、自分が「いかに前の結婚で傷ついているか」を話すようにしましょう。そして、今の生活が十分に幸せであることもしっかりと伝える必要があります。あなたがつらそうな顔をしていると、それがきっと心配の種になるのだと思います。