シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

安易にシンママになる前に!考えておきたい家庭の経済事情の変化

Id195 00

シンママになると、絶対に避けられない「お金」の問題

id195-01

シンママになると、家庭環境が大きく変化します。その中でも、特に気にかけておきたいのが経済事情の変化。ほとんどのママが、シンママになった途端に今までの収入が半減~ゼロになってしまうのです。何の準備もせずに勢いでシンママになってしまうと、どうしても経済的に困窮する場面が出てきます。今回は、シンママになる前に考えておきたい収入・支出の変化をご紹介します。

共稼ぎだった場合はどう変わる?

共稼ぎ夫婦の場合、お財布や銀行口座、貯金を別々にしている場合と、合算にしている場合で違ってきます。別々にしている場合は、夫の収入をすべてあてにしているわけではないので、さほどやりくりに困らないかもしれません。合算の場合には、単純に計算して収入が半減してしまうので、今までと全く同じ金銭感覚で生活するというのは難しくなる可能性が高いです。
また、個々の支出だけでなく、お子さまの分についてはどうでしょうか。自分の分だけでなく、お子さまの支出もあるということを、しっかりと頭に入れておきましょう。

専業主婦の場合はどう変わる?

専業主婦もしくは、パート・アルバイトをしている場合は、夫の収入がメインで、自分の収入はレジャーや貯蓄にまわすといった方法をとられているケースが多いと思います。ですが、シンママになると、こんなのんきなことはいっていられません。支出の全部が自分にかかってくるのです。もちろん、今までとは経済事情が大きく変化します。ゼロから考えなければならないといっても過言ではない、と思ってください。

 

頭に入れておきたい、細かな支出のこと

id195-02

「衣食住にかかわるものは、すべて自分が出すことになる」ということ自体は、頭に中にあるものです。でも現実は、もっともっと細かな部分にまでお金がかかってきます。

そうか、こんなものも全部自分で出していかなければ

共稼ぎの場合でも、お子さまのものについては両方のお財布から、というパターンが多いようです。自分の分に関してはある程度、支出について予想ができたりします。しかし、お子さまについての支出は、いつ、どこでどれだけ必要になるかわかりません。例えば、お医者さまにかかるものも、大人であれば我慢してしまうようなことでも、お子さまはそうはいきません。成長していけば、学校の部活動費や、お友達づきあいで出ていく費用も多いのです。