シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

安易にシンママになる前に!考えておきたい家庭の経済事情の変化

Id195 00

シンママになると、絶対に避けられない「お金」の問題

id195-01

シンママになると、家庭環境が大きく変化します。その中でも、特に気にかけておきたいのが経済事情の変化。ほとんどのママが、シンママになった途端に今までの収入が半減~ゼロになってしまうのです。何の準備もせずに勢いでシンママになってしまうと、どうしても経済的に困窮する場面が出てきます。今回は、シンママになる前に考えておきたい収入・支出の変化をご紹介します。

共稼ぎだった場合はどう変わる?

共稼ぎ夫婦の場合、お財布や銀行口座、貯金を別々にしている場合と、合算にしている場合で違ってきます。別々にしている場合は、夫の収入をすべてあてにしているわけではないので、さほどやりくりに困らないかもしれません。合算の場合には、単純に計算して収入が半減してしまうので、今までと全く同じ金銭感覚で生活するというのは難しくなる可能性が高いです。
また、個々の支出だけでなく、お子さまの分についてはどうでしょうか。自分の分だけでなく、お子さまの支出もあるということを、しっかりと頭に入れておきましょう。

専業主婦の場合はどう変わる?

専業主婦もしくは、パート・アルバイトをしている場合は、夫の収入がメインで、自分の収入はレジャーや貯蓄にまわすといった方法をとられているケースが多いと思います。ですが、シンママになると、こんなのんきなことはいっていられません。支出の全部が自分にかかってくるのです。もちろん、今までとは経済事情が大きく変化します。ゼロから考えなければならないといっても過言ではない、と思ってください。

 

頭に入れておきたい、細かな支出のこと

id195-02

「衣食住にかかわるものは、すべて自分が出すことになる」ということ自体は、頭に中にあるものです。でも現実は、もっともっと細かな部分にまでお金がかかってきます。

そうか、こんなものも全部自分で出していかなければ

共稼ぎの場合でも、お子さまのものについては両方のお財布から、というパターンが多いようです。自分の分に関してはある程度、支出について予想ができたりします。しかし、お子さまについての支出は、いつ、どこでどれだけ必要になるかわかりません。例えば、お医者さまにかかるものも、大人であれば我慢してしまうようなことでも、お子さまはそうはいきません。成長していけば、学校の部活動費や、お友達づきあいで出ていく費用も多いのです。

お子さまだって支出は大人と同じです

id195-03

体は小さくても、支出に関しては大人一人分と考えておきましょう

赤ちゃんのときは、紙おむつにミルクと細かな費用がかかるのは予想ができますね。幼稚園、小学校と上がっていくとその分は必要なくなりますが、今度はお友達づきあい、遠足などの行事、習い事などの費用がかかってきます。基本的な生活費は頭にあるのですが、意外とこの辺りは見落としがち。動けばお金が必要になるくらいの気持ちでいるほうが良いと思います。

お子さまにかかる費用は、基本的に「出ていく」だけ

こういった費用は、保険のように後から戻ってくることはなく、確実に出ていくだけのものです。お子さまが高校生、大学生と成長してアルバイトなどを始めるとまた別ですが、基本的に入ってくることはないと考えましょう。我慢させるものと、絶対に必要なものの区別を、しっかりとつけておくことが大切です。

 

パート、アルバイトだけでは厳しいシンママの生活

id195-04

自由は得られても、お金は得られないのが現実

もちろん、慰謝料や養育費をばっちり受け取れるならこの限りではありませんが、ほとんどの場合、さまざまな事情により受け取ることが難しいといわれています。となれば、必死で働かなければならないのです。

働き方を変えることを視野に入れる

パートやアルバイトのような、短時間の仕事の収入だけでは、どうしてもお金が不足してしまうことが考えられます。正社員はすぐには難しいことが多いですが、せめて派遣会社に登録して、派遣社員として仕事をしていくのはいかがでしょうか。時間の融通がきくところもありますし、ママの社会復帰をきちんと考えてくれるところも増えてきています。

派遣社員なら社会保険にも加入できる

条件はありますが、派遣社員ならば健康保険などの社会保険にも加入することができますし、有給休暇も取得可能です。お子さまを抱えているので、国民健康保険の自己負担率を考えても、健康保険への加入はありがたいですね。ただし、交通費が出ない場合がほとんどなので、あまりにも遠方へ働きに出ることはおすすめできません。

 

まとめ

シンママの道を選ぼうかと迷っているときは、想像以上にお金が必要であることをもう一度頭に入れ、あらためて考えてみてください。シンママになると、精神的に楽になることは確実。これは、とても重要なことです。でも、その代わりにお金については、かなり過酷でシビアな世界が待っていることも忘れないでくださいね。

 

 

ライター:エルくまrich
シングルマザー歴18年。23歳の女の子のママ。インテリアデコレーターとしてレッスン・セミナーをこなし、ライターとしても活動中。シングルマザー予備軍の良き相談者でもあります。