シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

安くキレイに!年末のキッチン大掃除術

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id187 00

id187-01

大掃除の季節がやってきましたね! この機会に、毎日掃除はしないけど気になっているような、油汚れや水垢などをキレイにしましょう。特に、キッチンの換気扇やシンク周りは念入りにお掃除したいものです。 仕事に育児に忙しいシングルマザーと言えども、子どもの健康のためにも、最低限は衛生的にしておきましょう。

 

キッチン周りの掃除術はお酢と重曹で決まり!

id187-02

最近の食器用洗剤は高性能で洗浄力の強いものが多いですよね。しかし、幼い子どもがいたりアレルギー疾患などがあったりする場合、このような洗剤はあまり使いたくないもの。高額な化学薬品系の商品を使わなくても、実はお酢と重曹でじゅうぶんキレイになります。

換気扇の油汚れは重曹でピカピカに!

キッチン掃除の中でも特に見て見ぬふりをできないのが、換気扇汚れ。どの家庭でも、油汚れのこびりつきを落とすのに苦労していることが多いでしょう。そんなときは、重曹を使ってみるのがおすすめです。

【重曹ってどんなもの?】
重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、お菓子作りのときなどに使う材料です。油分解作用や消臭効果なども期待できるため、最近は手頃なお掃除アイテムとして注目されています。食用なので、万が一、口に入れてしまっても問題ありません。

【重曹で落とす方法】
シンクやゴミ袋にぬるま湯を張り、汚れた換気扇と重曹を入れて2時間ほど浸します。つけ置き後に軽くこすって洗い流すだけで汚れが落ちてキレイになりますよ。

シンク周りはお酢のパワーで美しく!

油断すると水アカや洗剤カスで白くなっているシンク周り。そんな汚れは、どの家庭にも常備している食用酢でキレイにしましょう。まずお酢を水で薄めて、霧吹きのようにしてシンク周りに吹きかけます。それから洗い流すだけでOKです。お酢に含まれる酸は、シンク特有の汚れに対して洗浄効果抜群なのです!