シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

春は卒業式&入学式!費用はいくら用意しておけばいいの?

ライター 辻寿子

フリーライター歴22年、シンママ歴6年。一卵性双生児の息子は、長男が脳性マヒで車椅子。日本化粧品検定1級、サプリメントアドバイザー取得。結婚歴3回、死別→離婚→離婚の経験あり。

Photo hisako tuji

Id219 00

id219-01

春は卒業&入学シーズン。おめでたいけれど、お金もかかります。急には用意できない金額になりますので、子どもの成長に合わせて積み立てる必要があります。今回は、卒業・入学にどれだけの費用が必要になるかをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

入学準備リスト~小学校編~

id219-02

小学校へ入学するとき、買うものとして最初に頭に浮かぶのは

  • ランドセル
  • 学習机

ではないでしょうか。文房具類なども早めに買いそろえたくなりますが、ノートや連絡帳などは学校指定のものも多くあるので、学校説明会が終わってから準備しましょう。

何が必要なのかは学校によって違いますが、用意するお金の目安になるよう、大まかなリストをご紹介します。

  • 筆箱
  • 鉛筆、消しゴム
  • 色鉛筆
  • クレパス
  • はさみ、のりなど
  • お道具箱、引き出し
  • 体操服、体操服入れ
  • 給食セット(箸、ランチマット、巾着袋など)
  • 上靴、上靴入れ
  • 鍵盤ハーモニカ
  • 水筒

保育園や幼稚園で使っていたものがあるなら特別に用意する必要はありませんし、学校指定がある場合は前もって買うと無駄になるので注意しましょう。これらすべてが必須の場合、準備すると平均して8万円くらいかかります。

学習机は絶対に買うべき?

特にお金がかかるのは、学習机。買うかどうかは、家庭のどこで勉強するかで考えましょう。学習机は椅子やデスクマットなどと合わせて一式そろえると、10万円近くになってしまうことがあります。ちなみに筆者宅では、小学校入学時に学習机は準備せず、勉強はリビングでしていました。入学時に一気に買おうとせず、タイミングを見て買ってあげるのも手ですよ。

その他の出費

入学式でかかるといえば、洋服代も挙げられます。きちんとした席ですから、親子分の式服が必要です。また、保育園や幼稚園では制服や体操服でも、たいていの小学校では私服での通学に。ほかにも、入学後にお稽古事を始めるなら、その準備や入会金・お月謝も発生しますので、しっかり計画を立てて貯蓄しましょう。