シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママが夢を語ると現実になる!?収入にゆとりができたらやってみたいこと

ライター 天守閣ノボル

紙媒体からWEB媒体に活動の場を移し10年目のアナログライター。小学生と保育園児、2人の子をシングル育成中。兄妹仲悪し。

Photo noboru tensyukaku3

Id233 00

id233-01

「もうちょっとお金があったら……」とため息ばかりついていませんか? シンママライフは決して楽じゃありませんが、不安や不満を募らせるだけなのも考えものですよね。「お金があったら◯◯する!」と心に決めたら、ちょっとずつ現実を変えられるかも? 今回は、シンママの皆さんに夢や野望(?)を大いに語ってもらいました!

 

Q1. 次のなかで、収入にゆとりができたら1番お金をかけたい項目はどれですか。

id233-02

  1. 貯金 43.0%
  2. 趣味・娯楽(旅行など含む) 25.0%
  3. ファッション・美容 17.0%
  4. 食費(外食を含む) 8.0%
  5. 教育(習いごとを含む)4.0%
  6. その他 2.0%
  7. 家賃 1.0%
  8. 光熱費 0.0%
  9. 交通費(電車代やガソリン代など) 0.0%
  10. 通信費(携帯電話など) 0.0%

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成、N=100)

意外と現実的!?「貯金」と回答したシンママが4割以上

収入にゆとりができたら1番お金をかけたいこととして、もっとも多くのシンママの回答を集めたのが「貯金」(43.0%)。いま現在貯金が少ない、あるいは貯金がないことへの不安が、このような結果につながっていると言えます。備えあれば憂いなし。シンママがほしいものは「貯金=精神的なゆとり」ということなのかもしれません。

いつか自分のために使えるお金を!ささやかなシンママの夢

ついで多かったのは「趣味・娯楽(旅行など含む)」(25.0%)、「ファッション・美容」(17.0%)。生活にかかるお金が最優先のシンママにとって、子どもと遊びに行ったり、自分のために費やしたりするお金は、贅沢というより日ごろがんばっていることへのご褒美のようなもの。切り詰めて貯金に回すことばかり考えるのではなく、バランスよくやりくりできるといいですね。

できれば必要経費のベースアップも

このほか、少数派ではありますが「食費(外食を含む)」(8.0%)や「教育(習いごとを含む)」(4.0%)、「家賃」(1.0%)といった項目を挙げるシンママもいました。いずれも子どもとの生活の中で欠かせない経費ですが、節約する場面も多いだけに、「ここにもうちょっとお金がかけられたら……」と考えると夢が広がりますよね。