シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママが夢を語ると現実になる!?収入にゆとりができたらやってみたいこと

Q2.具体的にどのようなことに使いたいか教えてください。

id233-03

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成)

シンママの「貯金」の目的はいかに!?

ここからは自由回答。まずは「貯金」と答えたシンママに、具体的に何に使うかを聞いてみたところ、30代~40代前半のシンママは「子どもの将来のため」「子どもの進学の費用」と答えた方が多く見られました。40代後半~50代では「老後の蓄え」と答えた方が最多。「ローンの返済」「借金を返したい」といった回答もちらほら見られ、お金について非常に現実的に考えているシンママが多いことがわかります。

想像するだけでハッピーになれる?シンママドリームを紹介

一方で、「趣味・娯楽」や「ファッション・美容」、「食費」系にお金を使いたいと答えていたシンママからは、こんな声が聞こえました。普段がんばっているシンママたちのホンネは……?

  • のんびり温泉に行きたい(趣味・娯楽)
  • 年に2~3回旅行に行きたい(趣味・娯楽)
  • 海外旅行に行きたい(趣味・娯楽)
  • 庭や畑がほしい(趣味・娯楽)
  • 我慢をせず好きなものを買いたい(ファッション・美容)
  • 化粧品を充実させたい(ファッション・美容)
  • おしゃれを楽しみたい(ファッション・美容)
  • 服や靴、かばんをたくさん買いたい(ファッション・美容)
  • 外食を増やしたり、高いお肉を買ったりしたい(食費)
  • 行ったことがないような高級レストランでおいしい料理を食べてみたい(食費)

……などなど。これほどはっきりした意見が並ぶと、なんだかすがすがしいですね!

願いは具体的なほど叶いやすい!?

なかには、「まず顔のシミ取りから始まり、アートメイクをし、エステのダイエットプログラムで痩せ、後は永久脱毛の予定です!」「子どもに洋服を買ったり、文房具を購入したりしたいです。習い事もさせたい」などなど、さらに詳細な意見を寄せてくれたシンママも。夢や願望を軽んじることなかれ。具体的にイメージできる人ほど、願いが叶いやすいと言いますよ!

 

まとめ

理想と現実のギャップが大きいシンママライフ。収入はままならないことも多いけれど、「いつかきっと◯◯しよう!」をいつも心に持っておきたいですよね。ポジティブな未来のビジョンを持つことは、自分と子どもがハッピーでいるためのポイントと言えるかもしれません。