シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

介護職がシングルマザーにおすすめな理由

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id234 00

介護職のシングルマザーがいる施設は圧倒的多数

id234-04

(カイゴジョブ会員アンケートより作成、N=823)

介護の仕事をしているシングルマザーは多いと言われています。介護の求人情報サイト「カイゴジョブ」の会員を対象としたアンケートでも、「あなたが働いている(または過去働いた)福祉施設に介護職のシングルマザーはいましたか?」という質問に対して、「はい」が88.6%、「いいえ」が11.4%という結果となっており、シングルマザーが働いている施設が圧倒的に多いのがわかります。

 

介護職の特徴は勤務場所・勤務形態を柔軟に選択できること

id234-01

アンケートでは、「『勤務場所・勤務形態を柔軟に選択できる』は介護職の特徴だと思いますか?」という質問も実施。

  • さまざまな勤務形態があるため、自分に合ったものを選びやすい
  • 事業所や環境にもよるが、比較的柔軟なところが多い

などの意見が寄せられました。特に、以下の点を挙げる人が目立っています。

夜勤のない職場を選ぶこともできる

介護施設にはいろいろな種類があります。特別養護老人ホームなど24時間体制の施設では夜勤が発生する可能性がありますが、デイサービスは日勤のみです。また、訪問介護は時間的な融通をつけやすく、子どもを抱えるシングルマザーでも働きやすくなっています。子どもの年齢やライフスタイルに合わせて、働き方を変えている方も多いようです。

短時間でも働くことができる

介護職には、正社員以外の求人もたくさんあります。パートでも時給を高めに設定している施設もありますから、短時間に効率よく稼ぐこともできます。また、登録型ヘルパーになれば、自分の都合に合わせて働けます。

 

介護職をシングルマザーにおすすめできる点

id234-02

カイゴジョブ会員が介護職をシングルマザーにおすすめする点として、以下のような意見も挙がっています。

子どもの体調不良や学校行事などの理解が得られやすい

介護職は子育て経験のある女性の割合が多く、子育てへの理解が得られやすい職場です。子どもの体調不良などで急に帰らなければならない場合でも、他の職員がカバーしてくれるところが多いようです。いろいろな事情を抱えている人がいますから、お互いが協力し合って仕事をしようという雰囲気の職場が多くなっています。

託児所や保育園併設の施設もあり、子育てと両立しやすい

介護施設を運営している社会福祉法人などが、同じ敷地内で保育施設を運営していることがあり、子どもを預けて働くことも可能になります。どうしようもないときには、一時的に職場に連れて行けるという施設も珍しくありません。

子育て経験を生かすことができる

介護職では、家事や育児の経験を生かすことができます。働いた経験がないシングルマザーでも、これまで行ってきた子育てなどの経験を生かしてできることがきっと見つかるはず。また、お年寄りは人生の大先輩ですから、子育てに悩んだときには、逆にアドバイスがもらえることもあります。

 

シングルマザーが介護職を選ぶときに気を付けたいこと

id234-03

介護職は決して楽な仕事ではありません。「他に仕事がないから」「子どもがいても働けそうだから」といった理由だけで安易に仕事に就くのではなく、働く以上は責任をもって取り組むことが大切です。

仕事を続けていくためには人間関係が大事

「シングルマザーだから大目に見てほしい」という態度では、周りの人に不信感を抱かせてしまいます。「迷惑をかける分は別のところでカバーしよう」という姿勢を忘れないようにしましょう。理解してほしかったら、まず信頼を得ることが大事。信頼というのは、一生懸命、前向きに仕事に取り組むことで、はじめて得られるものです。

給与アップのためには資格取得を考える

介護職の現場では、給与は現状良いとは言えないのが正直なところ。けれど、働きながら介護福祉士などの国家資格を取ることができますから、資格を取って給与アップすることは可能です。介護の仕事に就くなら、将来的なステップアップを視野に入れ、目標を明確に決めておきましょう。

まとめ

勤務場所や勤務時間に融通がきく介護職は、一人で子育てしなければならないシングルマザーにとっては働きやすい仕事と言えます。ただし、介護職でも他の仕事と同様、「シングルマザーだから」という甘えは禁物。前向きに取り組むことで、やりがいも感じられ、自分自身も成長できるはずです。介護職を選ぶなら、資格取得など将来の目標を決めて、長い目でキャリアを積み上げていきましょう。



― 関連記事 ―
シングルマザー×介護職!子育てと両立しやすいって本当?収入は?