シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーを幸せにする、再婚のタイミング

Id247 00

離婚後のシンママの明るい未来には、「再婚」という選択もある

id247-01

離婚って、本当に気持ちも体力もすり減らしてしまいますよね。悩みに悩んで気持ちを決めて、相手を納得させて、届けを出してやっとつらい過去から離れられるのです。

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)の再婚を成功させるタイミングと気をつけたいポイント

あなたを幸せにする「再婚」の道

どんな理由があって離婚したのかは人それぞれですが、いつまでもつらい思いを引きずっていると、お子さんにも良い影響を与えませんし、あなたも輝きを取り戻せません。仕事に打ち込んで、シングルを貫くのもアリですが、離婚した気持ちから脱出するために、新たなパートナーと新しい絆をつなぐ方法もあります。「再婚」と言う決断です。

もう一度、家族を持つという選択も大切なこと

シングルマザー、シングルファーザーも世の中で受け入れてもらえるようにはなってきましたが、やはりまだまだひとり親という位置づけはハンディを抱えているように見られがちです。お互いに新たな家庭を持つことへの確認が取れたのであれば、再婚に踏み切ってみてはどうでしょうか。

でも、ちょっと待って!あなたひとりで走りだしていませんか?

id247-02

お相手とお子さんの関係はどうですか?

「彼のことが大好きだから」という気持ちだけで、再婚を焦ってはだめです。お相手とお子さんは今、どんな状況でしょうか。きちんと紹介できているのか、お子さんがお相手のことを受け入れられているのか……。お子さんとお相手の良い関係性を育むためにも、再婚は時間をかけて、慎重にタイミングをみるようにしましょう。

お相手にお子さんとしっかり向き合ってもらうことが重要

お相手にも、お子さんと時間をかけて歩み寄ってもらうことを徹底してくださいね。もし、それはできないと言われたり、焦らされたりするようであれば、その再婚は「待った」をかけたほうが良いかもしれません。お子さんとしっかり向き合えないならば、これから先も決して安心して生活することはできないでしょう。

再婚に踏み切れるようであれば、周りにもしっかりと伝えましょう

id247-03

再婚を決めたら、お互いの身内にはきちんと伝えていきましょう。こそこそ行動したり、変に隠したりすると、たとえ身内といえども信頼を失います。

将来を考えているからこそ、きちんと伝えるべき

将来を考えて真面目に行動をしている。この「真面目に行動」が大切です。一時のさみしさを紛らわせるためではないということを、しっかりとアピールしておきましょう。最初は驚かれたりするかもしれませんが、真面目な姿勢でいれば、きっと味方になってくれるはずですよ。