シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

【シンママお財布事情】約20%は借金の経験や借金がある!

ライター 天守閣ノボル

紙媒体からWEB媒体に活動の場を移し10年目のアナログライター。小学生と保育園児、2人の子をシングル育成中。兄妹仲悪し。

Photo noboru tensyukaku3

Id249 00

id249-03

限られた収入でつつましくやりくりしていても、子どもとの生活に想定外の出費はつきもの。「今月はどうしても足りない」と頭を抱えたことがあるシンママは、きっと少なくないはず。そんなとき、お金を工面する先は……? ちょっと聞きにくい話題だけに、他のシンママの事情が気になりますね。皆さんにこっそり「借金」について聞いてみました。

 

Q1. 住宅や車などのローン以外で、生活のためにお金を借りていますか、または借りたことがありますか

id249-01

  1. はい 21.0%
  2. いいえ 79.0%

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成、N=100)

約8割のシンママが「借金なし」!

どこからもお金を借りずに生活しているシンママが、79.0%を占める結果に! 「借金なし」ということは収入と支出のバランスが取れているということですから、シンママにはしっかりした金銭感覚をお持ちの方が多いと言えそうですね。借金とは、やむなくすることも多いもの。もしものときのお金や、学費積み立てなど、先行きに備えてこれからも「ノー借金」を目指したいですね!

「借金あり」のシンママは約2割

「生活のためにお金を借りている」または「お金を借りたことがある」と回答したシンママは21.0%。意外に少ない結果になりました。しかし、お金を借りるのも、それぞれの事情があってのこと。シンママにとっていいか悪いかは、さしたる問題ではありません。お金を借りた以上は、「借金があるキャッシュフローをどうやって回していくか」がキモになります。

借金があってもどうにかする方法は?

お金を借りた以上は、月々の返済が待っています。金融機関から借りた場合、毎月決まった額を決まった日までに返済するのが通常。毎月の生活費のなかで、返済分のお金をきちんと割り当てられるなら、無理なく回せるはずです。ただし「足りなくなったら借りる」が習慣化すると泥沼化も。返済額を把握しつつ、借りるお金も自分なりの上限を作ってバランスを取ることがポイントです。