シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

【2017年版】実家暮らしのシングルマザーが注意したい、支援制度の落とし穴

再婚した場合はどうなるの?

再婚したら大抵の方は児童扶養手当はもらえなくなります。もし、再婚したにも関わらず受給を続けていると、詐欺罪などに当たってしまので要注意。同棲相手に収入がある場合でも対象外となることがあるので、これも注意してくださいね。

自分が受給対象者になっているかは要確認!

シングルになった時には受給対象者であっても、実家に戻るなどした場合に対象外になる可能性があります。きちんと確認し、申告を行うようにしましょう。

※記事内の金額は記事更新時のデータです。
※詳細は「児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介」をご覧ください。

まとめ

筆者は実家が遠いので、児童扶養手当を受給しています。離婚後すぐに手当の申請に行ったときに「恋人はいらっしゃいますか」と尋ねられて「失礼な!」と思ったことがあります。今思えば、受給対象者かどうかの確認をしていたのですね。

筆者の所感では、実家暮らしのメリットは児童扶養手当より大きく感じられます。実家暮らしと児童扶養手当、どちらのメリットを取るのかは、生活や仕事、子どものことをしっかりと考えたうえで選んでくださいね。


★支援・手当について一通りチェックしたい方こちらをチェック
児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介