シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーが再婚で注意するべきこと

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id32 00

シングルマザーが再婚を決める前にすべきこと

id32-01

まずは子どもの様子に配慮して

シングルマザーがいちばん配慮しなければならないのは、子どものことです。ある日突然、新しい家族が増えて環境が変わると、子どもは戸惑ってしまいます。再婚を考えている相手がいるなら、結婚を決める前に、必ず何度か子どもと顔を合わせる機会を作りましょう。

理解してくれるパートナーを選ぶ

再婚するなら、あなたを大切に思ってくれるのと同じように、子どものことも大切に思ってくれる相手でなければなりません。子どもがすぐになじめなくても、焦らずに待ってくれる相手であれば安心です。

再婚が決まってからの準備と心がまえ

id32-02

「再婚相手にお母さんをとられた」と感じてしまうと、子どもの心は傷つきます。再婚するときには、「お母さんはこれからもあなたのいちばんの味方」ということをしっかり伝えて、安心させてあげてください。

子どもの前では「あなたがいちばん大事」

あなたにとっては、子どもも再婚相手もどちらも大切な存在でしょう。けれど、それを子どもの前でそのまま言うべきではありません。子どもの前では、あくまでも「あなたがいちばん大事」という態度でいましょう。

無理に再婚相手を「お父さん」と呼ばせようとしない

再婚相手を「お父さん」と呼ぶかどうかは、子ども自身が決めることです。子どもが実の父親を覚えているなら、別のお父さんが現れて戸惑ってしまうのは当たり前。すぐに「お父さん」と呼べなくても、いつか自然と親子らしくなれる日がくることもあります。長い目で見てくださいね。

養子縁組した方がいい?

再婚相手と子どもを養子縁組させるべきか悩む方もいるかもしれません。養子縁組をすると法律上は親子ということになり、相続権なども発生します。ただし、名字が変わってしまうといったデメリットも。養子縁組は再婚した後いつでもできますから、しばらくは様子を見てもいいかもしれません。