シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

【2017年版】知らないと損するかも!?児童扶養手当(母子手当)や支援制度の注意点

Id29 00

この記事は2017年4月30日に更新しました。

シングルマザー(母子家庭)が受けられる手当

シングルマザー(母子家庭)になると、国や自治体から手当を受けることができます。大した金額ではないという意見もありますが、シングルマザーにとっては貴重な収入源になります。まずは、基本的な手当をご紹介します。

児童手当

子どもを育てている保護者に対し、行政から支給される手当です。「子ども手当」とも呼ばれており、0~15歳(中学校修了)までの子どもが対象です。

ただし、児童手当は子どもの数に応じて所得制限が設けられています。その制限を超えると特例給付となり、子ども1人あたり一律5,000円(月額)が支給されます。

【児童手当の支給額】
0~3歳未満 一律15,000円/月
3歳~小学校修了 第1子、第2子10,000円(第3子以降15,000円)/月
中学生 一律10,000円/月
所得制限960万円以上 一律5,000円(当分の間の特例給付)/月

内閣府「児童手当制度の概要」
http://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/gaiyou.html


児童扶養手当

ひとり親で子どもを養育している世帯に支給される手当です。
支給額は所得によって変動し、指定の所得以下であれば「全部支給」、指定範囲内の所得であれば「一部支給」となります。

【児童扶養手当の支給額】
全部支給:42,290円
一部支給:42,280円~9,980円 所得に応じて10円単位で変動

2人以上の場合
第2子の加算額
 全部支給:9,990円
 一部支給:9,980~5,000円
第3子以降の加算額(1人につき)
 全部支給:5,990円
 一部支給:5,980~3,000円

児童育成手当

独自でひとり親家庭への支援制度を行っている自治体もあります。児童育成手当は東京都での制度名です。
住んでいる地域によって制度名や内容が異なるので、詳細は自治体に確認しましょう。

【児童育成手当の支給額】
児童1人あたり13,500円/月

練馬区「児童育成手当」
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/shussan/teateiryo/ikuseiteate.html

知らないと損!ほかにもこんな制度が

ひとり親家庭等の医療費助成制度

ひとり親家庭に該当すると認定された保護者と児童や、両親がいない児童が病院などで診療を受けた際に、自己負担分の金額を自治体が助成する制度です。ただし、所得制限や生活保護を受けていないなどの条件があるので注意が必要です。所得要件などは市区町村によって異なるので、確認するようにしましょう。

東京都福祉保健局 ひとり親家庭等医療費助成制度
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/josei/maruoya.html


乳幼児医療費助成制度、義務教育就学児医療費の助成

ひとり親家庭等の医療費助成制度が利用できなかった場合、子どもはこの助成金制度を利用できる場合があります。
6歳未満の場合は「乳幼児医療費助成制度」、6~15歳の場合は「義務教育就学児医療費の助成」となります。ただし、この2つも保護者の所得制限があります。

東京都福祉保健局 乳幼児医療費助成制度
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/josei/marunyu.html

東京都福祉保健局 義務教育就学児医療費の助成
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/josei/maruko.html


寡婦控除

女性の納税者で、所得税法上の要件に当てはまる場合に受けられる所得控除です。控除できる金額は27万円です(特定の寡婦に該当する場合には35万円)。

【控除の要件】
・夫と死別、または離婚後、単身で生計を立てており、扶養親族または生計を共にする子どもがいる
・上記の子どもの総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族ではない
・合計所得金額が500万円以下

国税庁「寡婦控除」
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm


遺族年金

遺族年金は国民年金または厚生年金保険の被保険者死亡した際、残された遺族に対して支給される公的年金です。

日本年金機構 遺族基礎年金
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html


国民年金の保険料の免除

国民年金は保険料の納付が原則となっていますが、ある一定の要件に当てはまる場合に保険料の納付が免除される「法定免除」と、所得が低いなどの理由をもとに申請をすることで、保険料の全額または一部が免除される「申請免除」があります。免除の申請は住所のある市区町村の国民年金窓口で行います。

日本年金機構 保険料を納めることが、経済的に難しいとき
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html


JR通勤定期券割引制度(JR特定者用定期乗車券割引制度)

児童扶養手当を受けている世帯で、JRの通勤定期乗車券が必要な場合は3割引きで購入することができます。制度を利用するには「特定者資格証明書」と「特定者用定期乗車券購入証明書」が必要です。

例:横浜市子ども青年局 「JR通勤定期券割引制度」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/katei/kosodate/teikiken.html


水道料金・下水道料金の減免

児童扶養手当を受けている世帯など特定の要件に当てはまる場合、水道・下水道の基本料金などが減免されます。詳細は地域により異なるので、お住まいの水道局に問い合わせてみましょう。

例:東京都水道局「水道料金・下水道料金の減免のご案内」
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tetsuduki/ryokin/genmen.html


保育料の免除

特定の要件に当てはまる場合、申請により保育料が負担されることがあります。要件や限度額は地域により異なるため、詳細は自治体に問い合わせてみてください。

母子家庭等の家賃助成や減免

特定の要件を満たす場合に、家賃の助成を受けることができます。地域により、制度の詳細や名称が異なります。詳しくは自治体に問い合わせてみましょう。

手当を申請する際の注意点

支給開始日に注意!

医療費助成制度などは申請した日から利用ができるのですが、児童手当や児童扶養手当は、申請をした翌月からが支給対象になります。月や日をさかのぼって支給されることはないので、なるべく早めに申請に行くようにしましょう。

支給日に注意!

制度によって支給日は異なります。例えば、児童扶養手当などは毎月ではなく、年に3回、4カ月分まとめて支給されます。いつ受給できるのかをしっかりと確認しておきましょう。

提出書類に注意!

書類不備により申請できなかった場合、その月分が支給対象から外れてしまう場合があります。申請する内容や制度、家庭の状況などによって必要な書類が異なりますので、あらかじめ念入りに準備をしスムーズに申請できるようにしましょう!

※記事内の金額は記事更新時のデータです。
※詳細は「児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介」をご覧ください。

まとめ

ひとりで子育てをしていると、どうしてもお金の問題にぶつかってしまうことがあります。そんなときは遠慮せず、用意されている制度を活用するようにしましょう。今回ご紹介した制度以外にも、市区町村によってはさまざまな制度が用意されている場合があるので、ぜひ調べてみてくださいね。


★支援・手当について一通りチェックしたい方こちらをチェック
児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介


ライター名:田口未来(ミク)
離婚と同時に広告代理店も退職した、シングルマザー歴3年超えのフリーライター。妻の座も、正社員の座も捨てて子供との時間を最優先している肝っ玉母ちゃんです!