シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザー(母子家庭)の生活保護、実際どうなの?

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id31 001

id31-002経済的に生活が困難な家庭に支給される「生活保護」。病気で働けなかったり、支給年金が少なかったりと、生活困窮世帯へ最低限の生活を保障してくれる、まさに命綱のようなものです。

支給条件が合致すれば、シングルマザー(母子家庭)世帯も対象となります。ひとりで子育てと仕事をこなすシンママ家庭の多くは、楽な経済状況ではありません。苦しいとき、ふと生活保護制度が頭をよぎることも……。

果たして、生活保護はシングルマザー(母子家庭)世帯にどのくらい浸透しているのでしょうか。また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

生活保護 シングルマザー(母子家庭)は受給しやすい?

id31-03

いざ、シンママが生活保護を受給しようとしたとき、申請すればすんなり利用できるのでしょうか? 生活保護を受けるには、いくつかの条件があります。

受給するにあたってクリアするべき主な条件

  • 貯蓄や、車などの資産は売却して生活費にあてる(資産活用)
  • 働ける状態であれば自分の能力に沿う仕事で収入を得る(能力活用)
  • 元夫や両親、親戚などから援助が可能ならお願いする(扶養活用)
  • 児童扶養手当、各種年金など、生活保護制度以外の給付を優先に受ける(他制度活用)

参考「厚生労働省 生活保護制度」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/

なかには貯蓄の解消や車の売却など、生活するうえで不利な条件もありますよね。支給を申請するには、現状を考慮しながら検討することになるでしょう。

どのくらいもらえるの?

厚生労働省によると、厚生労働大臣が定める基準で計算される最低生活費と収入の差額が支給されます。収入には親族からの援助や児童扶養手当なども含まれます。

(例)母33歳、子ども二人(5歳、3歳)の場合

秋田県秋田市の母子家庭世帯例 13万円程度
神奈川県横浜市の母子家庭世帯例 14万円程度

引用「生活保護の支給額」
http://seikatsuhogo.jp/shikyugaku/

住んでいる都道府県の物価などにより決定されているため、地方と都市を比較すると1万円前後、金額に違いがあるようです。