シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーにおすすめの仕事「介護職」ってどうなの?

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id25 011

― 関連記事 ―
介護職がシングルマザーにおすすめな理由

介護職は勤務場所や勤務形態を選びやすい

id25-003

勤務先の種類を選べる

介護職の勤務場所は、老人ホーム、デイサービスセンター、訪問介護ステーション、登録ヘルパーなどさまざまです。高齢者増加のいっぽう、介護の担い手不足により、求人件数は多くなっています。

ライフスタイルに合わせた勤務形態が選べる

介護職では、正社員以外の求人も多数あります。子どもが小さい間はアルバイトやパートで勤務し、子育てが落ち着いてから正社員になるなど、融通が利きやすくなっています。

未経験なら介護職員初任者研修を修了するのがおすすめ

介護職は未経験でも採用してもらえます。けれど、少しでも有利な条件で採用してもらえるよう、介護職員初任者研修を修了しておくのがおすすめです。

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修は、以前のホームヘルパー2級に相当する資格です。130時間のカリキュラムを受講することで、介護施設で働くうえで必要となる基本的な知識や技術が習得できます。

無料で資格取得する方法も

公共職業訓練事業として、ハローワークを通じて介護職員初任者研修が受講できる自治体があります。シングルマザーの場合には、自立促進事業として、無料で受講できるケースが多くなっています。

人から感謝されることでやりがいを感じられる

id25-04

介護職に就くなら心身ともに健康であることが必要

介護職員は、ご利用者の日常生活をサポートするのが仕事です。食事や歩行の介助だけでなく、入浴や排せつの介助もありますから、ときに重労働なこともあります。

人に喜んでもらえることがモチベーションになる

利用者本人だけでなく、家族からも大変感謝される仕事です。「ありがとう」という言葉をかけてもらったり、自分が介助を行った結果、利用者が笑顔になったりと、「一生懸命やって良かった」と思えることが多いはず。やりがいや必要とされている使命感を持ちながら続けていくことができます。