シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

離婚を後悔しそうなとき、シンママはどうすればいいの?

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id45 00

周りは家族連ればかりで寂しい

id45-01

離婚した直後のシンママは、「子どもと自分だけの生活って寂しい」と思うかもしれません。お休みの日に外出しても、周りは家族連ればかり……。自分たちだけが取り残されたような気持ちになってしまうこともあるでしょう。

子どもを連れて一緒にお出かけできるママ友を作ろう

どうしても寂しいときは、休日に一緒にお出かけできるママ友達を作ってみましょう。シングルでなくても、パパが土日勤務や単身赴任で、休日をママと子どもだけで過ごしている人は意外と多いものです。子どももお友達と一緒だと大喜び。ママもおしゃべりできて、ストレス解消になりますよ。

自分にもしものことがあったときが不安

id45-02

シングルになったら、自分に万一のことがあったとき、子どもだけが取り残されてしまうという心配が出てきます。シンママは病気やケガをするわけにはいきませんが、一生懸命働かなければ生活を支えることはできません。かといって無理をすれば体を壊してしまう……。そんなジレンマに悩まされてしまいますね。

万一のときの備えをきちんとする

まずは、自分が病気になったときに子どもを預けられるところを確保しておきましょう。頼れる人がいない場合には、自治体のひとり親家庭向け支援の窓口を確認しておけば、いざというときにすぐに連絡ができます。急に何かあったときのために、連絡先の一覧などを記入したノートを作っておき、わかりやすい場所に置いておくと安心です。

あとは「なるようになる!」でいい

どんなに備えをしても、不安な気持ちというのは簡単にはなくなりません。でも、それはシンママでなくても同じこと。何があるかわからないのはみんな一緒ですから、何事も絶対ということはないのです。今の段階でできる準備をしておけば、あとはクヨクヨしないようにしましょう。子どもと一緒の時間を大事に過ごしてくださいね。

このままずっと一人で、老後は大丈夫?

id45-03

たとえ夫婦間がうまくいっていなかったとしても、パートナーと呼べる相手がいなくなれば不安になるもの。子どもがいれば簡単に再婚はできないし、子どもが自立する頃には自分も歳をとって出会いも期待できない……。そんな気持ちになることもあるでしょう。

老後は家族よりも頼れる友人が大事

独身のまま歳をとる人もいますし、夫婦のどちらかが先立ってしまい一人になる人もいます。また、長い年月の間には、親族間でもさまざまな問題が発生しますから、「家族だから必ず信頼できる」というわけではないことも。老後はむしろ、信頼できる友人がたくさんいるほうが心強い場合もあります。今後のためにも、人間関係を広げておきましょう。

出会いに後ろ向きにならない

離婚したからといってこの先、出会いがないわけではありません。世の中にはシンママの恋愛に否定的な意見もありますが、一人で頑張っているシンママだからこそ、心を支えてくれる存在も必要だと思います。とはいえ、再婚にこだわる必要もありません。もしも心を許せる相手がいれば、パートナーとして前向きに考えてみると良いかもしれません。

まとめ

離婚はつらい経験ですが、悩んだ分だけ自分は成長しています。自分の成長は、子どもにとってもプラスの影響になります。離婚後に不安な気持ちを抱えてしまうのはみんな同じ。そんなとき、悩みを相談できる相手をたくさん作っておくようにしましょう。