シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーが再婚、そして妊娠!前夫との子どもは?

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id39 00

赤ちゃんがやってくる!前夫との子どもへの配慮は?

id39-01

再婚して妊娠したら、それはとてもおめでたいことです。ただ、前夫との子どもがいる場合、新たな悩みを抱えることも……。上の子の気持ちを考えると、幸せの裏に複雑な思いを抱くこともあるでしょう。

生まれる前からコミュニケーションを

id39-02

子どもは新しい家族に戸惑ってしまうかも

子どもはママの幸せそうな顔を見るのが大好きです。弟か妹ができることだって、ママと同じように喜んでいるに違いありません。もし、子どもが素っ気ない態度や反抗的な態度をとったとしても、多くの場合それは戸惑いやヤキモチといった葛藤の気持ちの現れ。もちろん、スルーしてはならない問題ですが、そんなに深刻に考えなくても大丈夫! ママは我が子をいつも一番に考え、信じてあげる気持ちが大切です。

生まれる前の赤ちゃんと触れ合う

赤ちゃんの胎動を感じはじめたら、子どもにも触らせてあげましょう。そして何かお話させたり、歌ってもらったりしてくださいね。生まれる前からのコミュニケーションは、子どもが生まれてからも活かされるはずですよ。

「自分はお兄ちゃん(お姉ちゃん)」という気持ちを作る

id39-03

赤ちゃんと触れ合わせよう

ついに赤ちゃんが誕生したら、真っ先に触れ合わせてあげましょう。ママの介助のもと、赤ちゃんを抱っこさせたり話しかけさせたり、「あなたの兄弟だよ、もうお兄ちゃん(お姉ちゃん)だね」と、スキンシップをとらせてあげます。

「赤ちゃん返り」をしたらどうする?

年齢にもよりますが、赤ちゃんとの年齢が近ければ近いほど、上の子には「赤ちゃん返り」という甘えが出やすくなります。そんなときは上の子を優先する時間を作り、しっかり甘えさせてあげるのが基本です。

前の夫にもしっかり理解してもらいましょう

id39-04

上の子のパパ、つまり前の夫にも上の子の複雑であろう気持ちと、それに対する優しい配慮をお願いしましょう。悪気はないのですが、男性は女性よりも細かい点に気づかない場合が多くあります。子どものメンタルに関する気付きは、母親にかなわないと言っても過言ではないでしょう。前の夫を信頼して状況をきちんと報告しお願いしておくことも、新しい家族との幸せを築くための大切なポイントです。

まとめ

新しい幸せが訪れたと思っても、シングルマザーには不安が隣り合わせ。お腹に宿る、新しい命のことを上の子はどう思い、どう接するのか……。お腹にいるときも、生まれてからも、上の子を大切にしてあげる態度が大切です。子どもはそれでなくとも寂しさを感じているもの。それを緩和するのがママの役目だということを忘れないようにしましょう。