シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

もうすぐ夏休み!シンママにオススメのレジャー助成

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

0701 5

いつも一緒に頑張っている子どもに感謝の気持ちをこめて

0701-1

夏休みはパーっとレジャーに連れていってあげたいところですが、出費を考えるとなかなか……。頭を悩ませているシングルマザーも多いのではないでしょうか。

そんな時には、ご自分の自治体の助成情報をよくよく調べてみて下さい。なんと0円で泊まれるホテルがあるかも?! これは使わなきゃ損。

という訳で、実際にどんな助成があるのか、2015年度東京都港区の「ひとり親家庭助成」情報を例にご紹介します。

港区ひとり親家庭休養ホーム事業編~お得に泊まる!~

0701-2

港区には「ひとり親家庭休養ホーム事業」があり下記のような助成を行っています。

<対象者>港区在住のひとり親家庭の親と子

<回数>年度内に1人1泊

<対象施設>国民宿舎箱根レイクホテル、ホテル伊東ガーデン

<助成額>対象施設1人につき9,240円までの宿泊費を助成

■利用手順

  1. 「休養ホーム利用」と伝えてホテルに電話で予約
  2. 一人親を証明する書類(戸籍など)を持って、港区役所本庁の窓口に行きチケットを貰う
  3. 宿泊日にチケットを宿泊施設に渡す

1人につき9,240円の助成は大きいですよね! 例えば、小学生の子ども2人を持つシングルマザーが大人10,000円、子ども8,000円の施設に泊まった場合、子どもの宿泊費は助成金額以下なので無料。自己負担はママの10,000円-9,240円=760円のみで済んじゃいます!

港区ひとり親家庭休養ホーム事業編~お得に日帰りレジャー!~

<対象者>港区在住のひとり親家庭の親と子(15歳まで)

<回数>年度内に2施設まで

<対象施設>東京ディズニーリゾート、豊島園、東京ドームシティ、サンリオピューロランド

<助成内容>各施設の特別割引チケットが貰える

■利用手順

  1. 一人親を証明する書類(戸籍など)を持って、港区役所(支所でもOK)の窓口に行きチケットを貰う
  2. 利用日にチケットを施設に渡す

例えば港区では

  • 東京ディズニーリゾート

対象者1名につき2,000円の割引券発行

0701-3

  • 豊島園

「夏の1日券(のりもの、プールの一日フリーパス)」

大人4,500円が→700円

子ども3,500円が→100円

一日遊び放題でかなりお得です!