シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

もうすぐ夏休み!シンママにオススメのレジャー助成

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

0701 5

いつも一緒に頑張っている子どもに感謝の気持ちをこめて

0701-1

夏休みはパーっとレジャーに連れていってあげたいところですが、出費を考えるとなかなか……。頭を悩ませているシングルマザーも多いのではないでしょうか。

そんな時には、ご自分の自治体の助成情報をよくよく調べてみて下さい。なんと0円で泊まれるホテルがあるかも?! これは使わなきゃ損。

という訳で、実際にどんな助成があるのか、2015年度東京都港区の「ひとり親家庭助成」情報を例にご紹介します。

港区ひとり親家庭休養ホーム事業編~お得に泊まる!~

0701-2

港区には「ひとり親家庭休養ホーム事業」があり下記のような助成を行っています。

<対象者>港区在住のひとり親家庭の親と子

<回数>年度内に1人1泊

<対象施設>国民宿舎箱根レイクホテル、ホテル伊東ガーデン

<助成額>対象施設1人につき9,240円までの宿泊費を助成

■利用手順

  1. 「休養ホーム利用」と伝えてホテルに電話で予約
  2. 一人親を証明する書類(戸籍など)を持って、港区役所本庁の窓口に行きチケットを貰う
  3. 宿泊日にチケットを宿泊施設に渡す

1人につき9,240円の助成は大きいですよね! 例えば、小学生の子ども2人を持つシングルマザーが大人10,000円、子ども8,000円の施設に泊まった場合、子どもの宿泊費は助成金額以下なので無料。自己負担はママの10,000円-9,240円=760円のみで済んじゃいます!

港区ひとり親家庭休養ホーム事業編~お得に日帰りレジャー!~

<対象者>港区在住のひとり親家庭の親と子(15歳まで)

<回数>年度内に2施設まで

<対象施設>東京ディズニーリゾート、豊島園、東京ドームシティ、サンリオピューロランド

<助成内容>各施設の特別割引チケットが貰える

■利用手順

  1. 一人親を証明する書類(戸籍など)を持って、港区役所(支所でもOK)の窓口に行きチケットを貰う
  2. 利用日にチケットを施設に渡す

例えば港区では

  • 東京ディズニーリゾート

対象者1名につき2,000円の割引券発行

0701-3

  • 豊島園

「夏の1日券(のりもの、プールの一日フリーパス)」

大人4,500円が→700円

子ども3,500円が→100円

一日遊び放題でかなりお得です!

「港区ひとり親家庭休養ホーム事業」まとめ

いかがでしょうか? 市役所に行かないとチケットがもらえない(宿泊チケットは本庁のみ取り扱い)という不便さはありますが、上記の助成には所得制限がないので、シングルマザー、シングルファザーなら誰でも使えます!

また、日帰り施設の助成チケットは年度内お好きな2箇所が指定でき、年度内ならチケットの変更も可能なので、市役所に寄ったついでにとりあえずキープしておいて損はないと思います。もしこの夏休みに東京ディズニーリゾートに行く予定があるなら、使わない手はありませんよね。

国保編~お得に泊まる!~

自治体には夏休み中でもお安く宿泊できる「夏季保養施設」がありますが、そのなかに「国民健康保険加入者と後期高齢者医療制度加入者の優先予約枠」があるのをご存知でしたか?

<対象者>国民健康保険加入者と後期高齢者医療制度加入者が代表となる2~5名のグループ

<回数>1施設(1~2泊までok)

<宿泊施設>埼玉県和銅鉱泉「和どう」または静岡県伊東の「Hotel Juraku」

<助成内容>夏休みシーズンでも宿泊費が比較的安く、大人7,020円、子ども4,968円、幼児1,080円、乳児無料

■利用手順

  1. 専用はがきを市役所などで貰う
  2. 宿泊希望日を記入し、郵送で申し込む
  3. 抽選

はがきに貼る切手代は自己負担、郵送での申し込みにはなりますが、抽選に落ちても7月10日から一般申込みが始まります。こちらは代表者が港区在住か在勤なら誰でも電話で予約できます。対象施設も増えますのでチャレンジしてみてください。

国保編~お得に日帰りレジャー!~

国民健康保険が発行している「国保だより」には、各種割引券がついている場合があります。今回は2015年6月号の「国保だより」についていた海の家の無料券を例にご紹介します。

<対象者>国民健康保険加入者と後期高齢者医療制度加入者が代表となるグループ5名まで

<対象施設>三浦海岸海の家「人見」

<助成内容>海の家利用、シャワー代が無料。ドリンク人数分サービス

■利用手順

  1. 国保たよりについているチケットに保険番号など記入
  2. 当日持参

代表者が対象者であれば国保は使える!

上記2件の「国保編」は代表者が対象者であれば良いので、シングルマザー自身が「国保」でなくても大丈夫! おじいちゃんおばあちゃん、お友達に対象者はいないかもう一度確認してみて下さい。助成の詳しい情報は各自治体の「国保だより」に載っています。

おトク情報の見つけ方

0701-4

残念ながらこのようなおトク情報は自治体ホームページでもみつけにくく、市役所の人からは積極的には教えてくれないことも多いです……。わからない時には市役所に行くか電話で母子家庭支援担当の課に「港区にはこうゆう助成があるのですが、うちの自治体にはないの?」と直接聞いてみて下さい。もし似たような助成があれば教えてくれます。

助成金による補助情報はさりげな~く置いてある

国保ほか、各自治体の助成金を使ったおトクな情報や申込み用紙は、自治体の施設の入り口のラックにさりげな~く、ひっそ~りと置いてあります。港区では子どもの日本舞踊無料教室のチラシや無料演劇、無料コンサートのチラシ、児童館には「親子ハイク」のお知らせなどが置いてあります。これもおトク情報の一つですね。今の時期はスイカ割り大会や夏祭りなど、夏休みを意識した地域イベント情報も置いてあり、そのチラシに「かき氷無料券」などお得券がついていることもあります!

「国保だより」は要チェック!

一見レジャー助成には関係なさそうな「国保だより」も、じっくり読んでみると先にご紹介したような情報が載っていることがあります。ラックのサイズや人の出入りによって各施設に置いてある内容も違いますので、図書館、市役所、公民館、児童館、区民ホールなど、公共施設に立ち寄った際にはチェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

夏休みまであと一ヶ月! お子さんにとっては夏休みの思い出が一生の思い出になることもあるでしょう。毎日忙しいシングルマザーですが、せっかくの機会です。是非、楽しくおトクなプランを立てて、お子さんとの楽しい時間を過ごしてくださいね!


★支援・手当について一通りチェックしたい方こちらをチェック
児童扶養手当だけじゃない!シングルマザー(母子家庭)が頼れる支援制度をまとめてご紹介