シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

再婚の前に物差し確認!シンママのための7つのポイント

ライター オイカワユキコ

小学生の娘と暮らすシングルマザー。「幸せになるために離婚した」をモットーに、個人事業主としてライター・役者・イベントコンサル・シュガーアーティスト・国際交流のNPO など多方面で活動中。

Photo yukiko oikawa

0702 5

0702-4

過去を乗り越えたシングルマザーが「もう一度結婚がしたい」「もう一度家族を作りたい」と思えるようになることは素晴らしいことです。そして、全てのシングルマザーは「次は失敗したくない」と思うはず。だから再婚には慎重になりますよね。

過去を思い出したり欠点を探す事は楽しいことではありませんが、もし再婚に不安を感じたら、この7つのポイントで自分の物差しを確認してみてはいかがでしょうか?

確認したい7つのポイント

いま好きな人がいる場合、下記の7つについてなるべく具体的に書き出してみましょう。今好きな人の欠点を探すのは難しいと思いますが、再婚後に後悔しないためになるべく沢山書いてみましょう。

  1. 前の夫について、嫌だけど許容できたところ
  2. 前の夫について、これだけは許せない、と思ったところ
  3. 今のパートナーの好きなところ
  4. 今のパートナーの気になる(直して欲しい)ところ
  5. 前の夫とのことで「自分が悪かった」と思うことで、新しいパートナーが求めれば直せると思うところ
  6. 前の夫との間で「自分が悪かった」と思うが、直せない、直らないと思うところ
  7. 今のパートナーに対する子どもの反応

4を基準に比べてみる

「4が特に気になっている」または「1・2と4が似ている」と思った時、あなたは再婚に慎重になっていませんか? だとしたら、再婚前にあなたの物差しを変えることができるか? できないか? を考えてみてください。

どれに当てはまる?やってみよう

0702-6

A:前夫の嫌だった部分または直して欲しかった部分と、今のパートナーの気になる(直して欲しい)部分が似ている場合、あなたはまた同じ事で悩まされるかもしれません。

B:今のパートナーの気になる(直して欲しい)部分が、あなたの力では解決できない事だった場合、違う事で悩まされるかもしれません。

C:今のパートナーの気になる(直して欲しい)部分はあるけど、「気にならない」「この点で相手を責めたりしない」と自分の気持ちにゆとりを持てるなら問題ないでしょう。

D:今のパートナーの気になる(直して欲しい)部分はあるけど、「それが相手の良いところ」だと言えるなら問題ありません。

E:今のパートナー気になる(直して欲しい)部分が、あなたの子どもに関わる問題だった場合は、再婚という形ではなくボーイフレンドとして付き合うという方法もあります。

あなたはA~Eのどれにあてはまりましたか?

自分について考えてみる

0702-3

自分自身については、勇気をだして今のパートナーに聞いてみても良いと思います。例えば「自分が悪かったと思うけど、直せない(直らない)こと」。これは「あなたがあなたらしいところ」でもあるのですから、大事にして良いのです。

あなたにとっては欠点でも、相手が「むしろそんな君が好き」と受け入れてくれているとしたら、とてもステキなことだと思いませんか? 大切なのは、二人の物差しがぴったり合っているかどうか、ということなのかもしれませんね。