シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

元夫と復縁!書類提出の前にこれだけは確認しておこう

ライター 森本由紀

1児の母。12年の結婚生活を経て40代で離婚しシングルマザーに。現在は行政書士・カウンセラーとして活躍するかたわら、ライターとしても執筆活動を行っています。

Photo yuki morimoto

Id59 01

離婚したけれどやっぱり元夫とやり直したい……

id59-07夫婦関係がうまくいかず離婚した相手と、復縁を考えることもあるでしょう。離婚するときには「もう一度やり直すなんてありえない」と思っていても、その後気持ちが変わることはあります。

時間が経てば気持ちも状況も変化する

相手に嫌な部分があって離婚したけれど、離れてみて相手の良さに改めて気づくこともあります。また、夫の浮気で離婚した場合、夫が浮気相手と別れた後「もう一度やり直したい」と言ってくることもあるでしょう。

子どものために復縁したいと思うことも

離婚で一番ショックを受けるのは、たいてい子どもです。離婚した後に子どもが「やっぱりお父さんと暮らしたい」と言い出すこともあります。子どもにそう言われれば、どうしても心が揺れてしまうことも……。

復縁しても同じことを繰り返さない覚悟はできている?

id59-05

離婚に至る理由は、夫婦間に何らかの問題が起こったからです。もしその問題が解決していない場合は、復縁してもまた同じことが繰り返されてしまいます。

相手を受け入れることができるかどうか

一度ダメと思った相手をもう一度受け入れるのは難しいことです。浮気が原因の場合、その浮気相手と別れてもまた別の相手と浮気することもありえます。今後もしトラブルが起こった場合に、「自分はどうしたいのか」を考えて決断しましょう。

子どものためだけに復縁をしてもいい?

id59-04

自分は夫を受け入れられないけれど、子どもがかわいそうだから復縁を考えるというのはNG。相手を無理に受け入れようとしても、必ずどこかでほころびが生じてしまいます。

夫婦間と親子間は別問題

両親が離婚し母親と暮らしていても、父親ともしょっちゅう会っている子どももたくさんいます。一番大切なのは両親が常にそばにいることではなく、両親が共に子どもの成長を温かく見守ってあげること。復縁にこだわらず、子どもが過ごしやすい環境を用意することを考えてみてはいかがでしょうか?