シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

正社員になりたい!シングルマザーが正社員で雇用されにくい理由と現状

ライター 葉山あさひ

第2子出産後に離婚。会社勤務を続けるも、子どもの小学校入学を機に学童問題で退職し、副業だったライター業で独立。現在は、事実婚状態で5児のママ兼ライター業を続行中。

Photo hayama asahi

Id56 00

― 関連記事 ―
シングルマザー(母子家庭)におすすめの仕事

id56-01

シングルマザーに限りませんが、多くの人が正社員として働くことを望んでいます。やはり給与や福利厚生が保証されている正社員は、安定した生活を送るうえでとても魅力的です。シンママにとっても、子どもたちとの安定した生活が何よりの優先事項。そのため正社員で働くことを願うシンママは少なくありません。しかし、シンママが正社員になる道は、残念ながらとても難しいというのが日本の現状です。

正社員雇用が難しい理由

id56-02

不安定な日本の雇用事情

最近の日本の雇用は安定してきたものの、よほどの突出した能力がない限り、新卒以外で正社員としての雇用は依然として難しいのが現状です。これは就職活動をする全ての人に共通しています。バブル崩壊後は派遣社員や契約社員の数が増え、ボーナスが出なかったり、福利厚生面がしっかりしていなかったりと、さまざまなネックを抱えながら働く人が多くなりました。

シンママの仕事探しはイバラの道

誰もが正社員になりたくて就職活動をしているなか、働く時間が制限されてしまうことが多いシンママは、他の求職者との争いにはどうしても不利になってしまいます。ただでさえ難しい正社員への道は、シンママにとってはイバラの道なのです。