シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シンママ必見!職場で運命の人と出会うための3つのポイント

0714 5

0714-1

1人の女性としてもう1度素敵に恋愛を楽しんでみませんか?
素敵な恋をしたい……。シングルマザーも、母である前に1人の女性です。そういった思いを持つことは決して悪いことではありません。それに、恋愛を通してママが笑顔になれれば、子どもだって喜んでくれるはず! そこで今回は、シングルマザーにとって身近である職場で「運命の人と出会うための3つのポイント」をご紹介します。

― 関連記事 ―
出会いはどこ?シングルマザーにおすすめの恋人探し

1. 印象を良くしよう

職場で運命の人との出会いを逃さないためには、好印象を持たれるように意識することが重要です。職場には、社内の人に限らず、お客さんや取引先の人、社内の人といっても他の部署の人など初めて会う人も多いはず。初めて会う人を恋愛対象と思うかどうかは第一印象にかかっているといっても過言ではありません。

第一印象を良くして運命の人を手繰り寄せましょう!

初対面で「素敵な人だな」と思わせるポイントは?

好印象を与えるために重要なポイントは笑顔・清潔感・言葉遣い。他にもたくさんありますが、この3つをしっかり固めてみましょう。

マイナビウーマンが実施したアンケート「“第一印象がいい”と思う人はどんなひと?(http://woman.mynavi.jp/static/smilebijine/)」によると、笑顔が素敵な人36.6%、清潔感のある人26.7%、言葉遣いのきれいな人20.5%といった得票率。この3つを極めれば第一印象は良くなるはず!

「笑顔の人を見ると好きになってしまう」って本当?

素敵な笑顔を見ると血行がよくなり相手を好きになるという科学的な根拠もあるそうです。清潔感がない人が恋愛対象にならないのは誰しもが何となくわかるはず。言葉遣いがきれいな人と話をするとなんだか気持ちが良くなるのは私だけではなかった!

0714-2

私は今、再婚をしていますが、今の夫に「君とはじめて会った時の笑顔はとってもキュートだったよ」と言われます。夫はアメリカ人なので臆面もなくこういったことを言ってくるわけですが、第一印象あっての今なのかもと思うわけです。

2. 内面も鍛えよう

第一印象が良くても「実際に付き合いをもってみたら魅力的な人じゃなかった」などと思われては、せっかく手繰り寄せた運命の糸が切れてしまいます。内面も鍛えておきましょう。

シンママはどうやって自分磨きをすればいい?

内面を鍛えると言っても、シングルマザーは育児だけでなくお仕事もあるし、忙しいもの。日々の生活の延長で自分を磨いていくのがオススメです。例えば、料理のレパートリーが増えるように、手間にならない範囲でいろいろな料理に挑戦してみたり。男性は料理のできる女性が好きなものです。

JA全農が実施した「料理と恋愛に関する意識調査(http://www.zennoh.or.jp/press/release/2014/48351.html)」では、8割の男性が料理上手であることに好印象を持つようです。ちなみに、男性に人気なのは和食。週の献立に和食を織り込んで練習してみるのもいいかもしれません。

料理の他には、読書なども内面を鍛えるのにいいものです。息抜きに本を読めば、知識もついて一石二鳥です。

3.運命の人にめぐり逢えたら行動しよう

印象を磨き、内面を磨き、運命の人かもしれない!と思える人が現れたならば、そのチャンスを逃さないように行動しましょう。

まずは「相談」して信頼関係を築こう

0714-3私が今の夫に使ったのは、相談作戦です。「愚痴や悩みの相談を受けていたらいつの間にか好きになっていた」という友人がいたので、私は相談作戦と名付け実行してみました。

調べてみると、「好きな人に相談する」というのは恋愛のテクニックにもなっているようです。相談するということは相手を信頼するということであり、相談された人物は信頼されているという満足を感じるそう。

あとで考えてみれば、私は相談のなかで育児のことや、シングルマザーであることの悩みなども話していたので、現状を全て知ってもらえたというのも良かったように思います。

シングルマザーということは、恋愛や付き合いの上で、完全に自由にいられるというわけではありません。そういった部分が理解してもらえるか、運命の人が本当に運命の人なのか、改めて考える機会になるという意味でも相談はおすすめです。

まとめ

運命の人と出会うためには、第一印象を磨き、内面に納得してもらい、自分の置かれた状況を理解してもらうということがポイントです。そして、恋愛を通して日々に前向きになれれば周囲の人も喜んでくれます。「ママ、よく笑うようになったね!」というのは息子の言葉。みなさんも、1人の女性としてもう1度素敵に恋愛を楽しんでみませんか?

 

ライター:松尾まき

マサチューセッツ工科大学工学部卒。恋愛婚活カウンセラー。第1子を出産後、24歳でシングルマザーになる決意をする。現在は再婚した夫の継子1男1女を含む、4男2女を育てる母であり、ライター兼コラムニスト。