シングルマザー(母子家庭)の暮らしを「ちょっとずつ」良くする

シングルマザーが子連れ再婚で後悔しないための3つのポイント

0715 8

シングルマザーだって幸せになりたい! そう思う気持ちは誰にでもあるでしょう。しかし、子連れ再婚となると少し臆病になりがちで、なかなか踏み切れないということも少なくありません。後悔しないためにも、再婚時のポイントをおさえて相手を見極めておくことも大切になります。今回は、シングルマザーが子連れ再婚で後悔しないための3つのポイントをご紹介します。

相手の人間性を見極める

0715-5

再婚相手に限らず、パートナーを選ぶ際にまず大切となるのは、性格や言動などに表れる人間性です。子連れ再婚ならなおさらでしょう。

互いの未来設計は合っているか

シンママが再婚で後悔しないためには、近い未来のパートナーとなる男性が、互いの気持ちに寄りそえる人間性や忍耐力を持ち合わせているかどうかを見極めることが重要です。しっかりとした経済観念があるか、お互いの未来のことを考えているかなど、表面だけではなく内面や考えまで見極めれば、再婚後の後悔もなくなるのではないでしょうか。

ケンカしたときにうまく解決できるか

毎日顔を合わせる夫婦となるのであれば、日々の生活のなかで意見が食い違ったり、ときにケンカに発展することもあります。そんなとき、相手の失敗を指摘して正すことは本来間違ってはいませんが、結婚生活においては正論を振りかざすことが常によい結果をもたらすとは限りません。付き合っている段階で、ケンカしたときにどうすればうまく解決できるか、どうしたら折り合いが付けられるかの見通しをつけることも重要でしょう。

相手と自分の経済力を見極める

0715-6

パートナーを選ぶときに考えなくてはならないことは、相手と自分の経済状況です。特に、子どもを抱えるシンママの再婚は、自分たちだけではなく子どもの育児や教育にかかるお金も重要な要素となります。お互いの経済力でどのような暮らしができるか、子どもをどうやって育てていくかの見通しを立てることが大切です。

お金の価値観が違いすぎると、どうなるの?

お互いの価値観が違い過ぎてしまうと、ときに水と油のように折り合えない関係性になってしまうことがあります。特に、生活の基盤となる金銭面での価値観は重要であるため、再婚前に金銭面における将来のビジョンなどをよく話し合っておくといいでしょう。

相手と子どもとの相性を見極める

0715-7

シンママの再婚は、当然ながらパートナーとなる男性と子どもの相性もとても重要です。子どもがパートナーを慕っているのであれば、その男性が家族になっても仲良く暮らせるといえます。

子どもと一緒に、再婚後の家庭をイメージしてみましょう

2人きりのデートを楽しむのもいいですが、子どもとの相性を見極めるには、子どもを交えた「子連れデート」も大切です。シンママと子どもの気持ちに寄り添ってくれる男性なら、再婚後も幸せな家庭が築けるでしょう。

まとめ

シンママの再婚で大切な点は、やはり子どもがいるということです。再婚時には自分と相手のことばかりではなく、子どものことを考えた人生の見通しを立てることが大切でしょう。子どもを含めた家族生活を具体的に想像できるかどうかということは、再婚で後悔しないためのひとつの基準となるとも言えます。まずは第一歩を踏み出して、幸せな家族になってくださいね。

 

ライター:松尾まき
マサチューセッツ工科大学工学部卒。恋愛婚活カウンセラー。第1子を出産後、24歳でシングルマザーになる決意をする。現在は再婚した夫の継子1男1女を含む、4男2女を育てる母であり、ライター兼コラムニスト。